管釣りトラウト入門『スプーン編』 - ノンストップ! Fishing!

トラウト(管釣り)

管釣りトラウト入門『スプーン編』

投稿日:

どもども!今回は、ソルト系から離れて「管理釣り場」のトラウトルアーフィッシングへの入門編になります。

第一弾は、管釣りルアーの中で一番基本になるスプーンのセレクト!

管釣りスプーンは「各メーカーいろいろな種類や、重さが出ていて何買えばいいの?」

ってなりがちですよね。

そこで、初めて管釣りに行く方のために、必要な重さ・枚数などを簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

スプーンの役割

管釣りではスプーンをはじめ、クランク・ミノー・ボトム系・トップ系・反則系と何種類かのルアーを使い分けることになります。

そのなかで、スプーンの位置づけは、

『超オールマイティールアー』

です!

 

状況を判断するためにも、高活性の放流魚を狙うにも、低活性の魚に口を使わせるにも、スプーンは使えます!

とりあえず、管釣りはスプーンを使えないと始まりません。

 

スプーンの中にも、放流魚用・パイロット用・激渋用・ボトム用などなど、使用用途が分かれています。

まず、管釣りをはじめようと思ったときは「パイロット用」を用意して、ベースにする必要があります。

パイロット用とはつまり、ベースとなり、どんな状況でもある程度対応できるルアーになります。

一昔前は、2.5gがベースだったりしましたが、今の時代、1.6~1.8g位がベースの重さになっています。

なので、ベースとしては1.6~1.8gをそろえるのがベストです!

 

パイロットスプーンにオススメ4選!

まず、パイロットスプーンとして買ってほしいスプーンをご紹介します。

Q.「各メーカーから色々出ていますが、判断基準は??」

A.どれでも釣れます(笑)

実際、全く釣れないスプーンなんて存在しないです。

最低でもちゃんと泳ぐように設計して各メーカー発売しているわけですから!

 

た・だ・し!!

一日投げて、1匹しか釣れないスプーンと10匹釣れるスプーンの差はあります。ちょっと大げさな言い方ですけどね(笑)

今回はトーナメントでも活躍していて、もちろん初心者にも使いやすいスプーンをご紹介します!

好きなメーカーやスプーンがあるのであれば、そのスプーンからそろえ始めてもOK!

右も左もわからないし、スプーン選びで失敗したくない!!と言う方は是非参考にしてみてください。

 

ロデオクラフト ノア1.8g


Rodiocraft(ロデオクラフト) NOA(ノア) 1.8g #38 透過チャート

安定したウォブンロールという動きで、低活性~高活性まで綺麗にカバーしてくれる超スタンダード。

ロデオクラフトという、管釣りメーカーでは信頼度の高いメーカーで、テスターはトーナメント常連ばかりなので間違いない一品。

カラーバリエーションは比較的単色が多いですが、時たま発売される「シグネイチャーカラー」も爆発力がすごい!

 

ティモン ティアロ1.6g


JACKALL(ジャッカル) スプーン ティモン ティアロ 22mm 1.6g グリーンヤマメ #17

ジャッカルのトラウトメーカー版である「ティモン」から発売されているスプーン。

スローリトリーブ(ゆっくり巻き)からファストリトリーブ(早巻き)まで対応していて、安定して泳いでくれるスタンダード。

実践的なカラーバリエーションも強みです。

 

ヴァルケイン ハイバースト1.6g


デュオ ルアー ヴァルケイン ハイバースト シャインライムゴールド 1.6g No.27 スプーン

昔はある管理釣り場のオリジナルメーカーとして始まり、現在はDUOとコラボしてパワーアップし続けているヴァルケインと言うメーカー。

こちらも安定した釣果を生んでくれるスタンダードスプーン。

 

フォレスト ミュー2.2g


フォレスト(FOREST) ルアー ミュースタンダード 2.2g新色 No.07

こちらは一昔前の超定番スプーン。とはいえ、現在も現役でバリバリ活躍してくれます!

ただ巻きでも、イレギュラーなアクションが勝手に入り、魚に食わせの間を与えます。

少し重いのがネックですが、放流魚(高活性魚)向けパイロットスプーンとしてはかなりの安定性。

 

初めてのパイロットスプーン購入、1種類につき5枚は買おう。

Q.「評判が良くて使いやすいスプーンはわかったから、どのくらい買えばいいの?」

A.はい。ずばりお答えすると、一種類に付き最低5カラーは揃えたほうがいいです。

「ティアロ1.6gを私のパイロットルアーにする!!」と決めた場合、ティアロ1.6gを色違いで5枚買うべきということ。

 

なんでかっていうと、魚を多く釣る為。

たとえば、「ティアロ1.6g」の「黄色」を最初に投げたとします。

それで何匹か釣れた。しかし、そのあと反応が悪くなってしまった。

そういう場合は、基本的に色を変えることで対処できることが多いので「ティアロ1.6g」のまま、「オレンジ色」に変えたりすると反応が復活したりします。

カラーローテーションってやつなんですけどね。

管釣りでは重要なローテーションの一つです。

 

この状況で、「ティアロ1.6g」の「黄色」しか持っていなかった場合、「ティアロ1.6g」が当たっているのに、他のスプーンにローテ―ションしなければいけなくなってしまいます。

すると「ティアロ1.6g」と違う動き・重さになってしまって、釣れるはずだった「オレンジ色」が釣れないという事態も起きかねません。

かなり極端な話で、大げさに書いていますが、意外と起こりうる事態です(笑)

つまりは、

カラーローテーション出来るように、1種類・1ウェイトに付き5色はそろえたい!!

ちょっと違った言い方をすると、

「ティアロ1.6g」の「黄色」を一枚買ったとしましょう。

それで、釣れなかった。

そうなった時に、次のローテーションで全く違うメーカーのルアーを使ってしまうと、釣れない要因が「黄色」「ティアロ」「1.6g」どれなのかわかりにくくなってしまいます。

そのため、まずは「ティアロ1.6g」というくくりの中で、「黄色」以外の色を試して反応をみます。

それでも反応がなければ「ティアロ1.6g」というくくりが釣れない要因ということになるので、違う種類・重さのスプーンに変えていけばいいんです。

もし、反応があったのであれば「ティアロ1.6g」というくくりは決して間違いではなく、「黄色」が釣れない要因になるわけです。

 

ちょ~とわかりにくいですが、最初のうちは全然理解しなくても問題ないです(笑)

あとは、大物狙いの人もあんまり考えなくてOKです(笑)

 

5色買うとして、何色買えばいいの??

さあ、自分のメインとなるスプーンを決めたら、あとは5色選ぶだけ!!

Q.「何色買えばいいですか?」

A.なんでもい(ry

いい加減怒られそうなんで、なんでもいいはやめますが・・・

気に入った色を見つけたら買ってみるのがいいと思います!

自分が気に入った色のスプーンを投げるだけで、モチベーションは保たれるものです(笑)

 

お気に入りとかないよ~って人は、次の5色を参考にしてみてください。

簡単に5色の内訳を説明します。

アピール系(2枚):赤金・青銀・グリーンメタリック他

ライト系(1枚):ライトピンク・ベージュ他

中間色系(1枚):カラシ・橙色他

ダーク系(1枚):ブラウン・オリーブ他

ってな感じです。

 

今から管釣りをはじめるとして、私が買うスプーン10枚

例として今、一から管釣りをはじめるとして、スプーン10枚買うとしたら何を買う??

あくまでも、私の偏見と独断で選びます(笑)

今回はあえてロデオクラフト縛りで行きます。

 

まずパイロットスプーンは「ノア1.8g」にします。

パイロットルアーなので、5枚買います。

『ノア1.8g』

アピール系:透過チャート(№38)、Mグリーン(№15)

ライト系:桃色KO(№7)

中間系:ダイダイ(№10)

ダーク系:チョコレート(№16)

 

次に放流魚や高活性魚用として「ノアB2.6g」を2枚買います。

ノアBは動きが大きく、重さもあるので放流魚など高活性で足の速い魚に向きます。

『ノアB2.6g』

鉄板!北関東(№19)

蛍光レッド 裏ゴールド(№27)

高活性な魚しか狙わないので、メタリック系で高アピールなカラーを選びます。

 

最後に、小さいシルエットしか食べないときや、ゆっくり巻きたいとき用に「ノアJr.0.9g」を3枚買います。

ノアJr.0.9は、初心者が「投げ難いけど投げれないことはない」ギリギリの重さで、スレた魚にも対応できる絶妙なバランスのルアーと考えています。

『ノアJr.0.9g』

チョコレート(№16)

ダークオリーブ マット(№24)

MMK(№59)

相手はスレた魚になる場合が多いので、地味系カラーでまとめておきます。

あえて、ベージュ等入れるのもアリです。ベージュ系統は渋い魚に効く場面も多いです。

 

というわけで、これで10枚!

本当は、ノアB2.6gもノアJr.0.9gも5枚ずつ欲しいですが、キリ良く10枚買うならばこんな感じです。

もし、これを投げ倒して、思ったより魚が釣れないのであれば、私はクランクを投げます。

つまりは、スプーン10枚の他にクランクも買ってほしい!!

スプーンはパイロット5枚だけでも良いので、クランクは絶対買ってください。クランクの方が入門者には正直お勧めです(笑)

 

 

ちなみに、ティモン「ティアロ1.6g」をパイロットルアーにして、ティモン縛りでそろえるのであれば、私だったら、

パイロット(5枚):ティアロ1.6g

放流用(2枚):アピード2.7g

小型軽量(3枚):ちびティアロ0.8gor1.0g

でそろえます。

 

まとめ

というわけで、管釣りトラウト入門第一弾「スプーン編」でした!

しばらく、管釣りトラウト入門編も書いていこうと思います。

正直、私はソルトよりも管釣り歴が長く、一番スプーンを持っていた時で何千枚単位で持っていました(笑)

ソルトやバスにハマってからはあんまり行ってないので、手持ちの枚数もかなり減らしましたが、やりこんでいくとスプーンの枚数はおのずと増えていきます。

その一歩として、初めて管釣りに行く際に用意してほしいスプーンシリーズでした!

ぜひ、エリアフィッシングを楽しんでください!

-トラウト(管釣り)
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.