管釣りトラウト入門「スナップ編」 - ノンストップ! Fishing!

トラウト(管釣り)

管釣りトラウト入門「スナップ編」

更新日:

どもども!今回は管釣りトラウト入門「スナップ」編になります。

みなさん、スナップ派ですか?直結派ですか?

色々な釣りがあるので、釣りによって分かれてくると思います。

私もバスや渓流などは直結です。

ただ、管釣りにおいてスナップは切っても切れないもの。

私的に、管釣りでスナップなしはありえません!!

スポンサーリンク

スナップの役割

スナップの役割なんて、超単純に言ってしまえば、

一度結べば糸を切らなくてもルアー交換が出来るパーツ

です(笑)

あまりにも味気ないので、管釣りトラウトと言うシュチュエーションで発生するメリット・デメリットを上げておきます。

スナップのメリット

  • ルアー・カラーローテーションが素早く・簡単になる。
  • 糸を切らなくていいので、単純にリーダーなどの長さが変わらない。
  • ルアーの付け替えスピードが上がるので、時合を逃さない。

と言った感じ。

管釣りは主にルアー・カラーローテーションをして、アタリルアー・カラーを見つけてパターンを探していく釣りです。

そのおかげもあり、スプーン・クランク・その他、ウェイトやカラーなど種類は数えきれないくらいあります。

時には、1投でルアーチェンジなんてのも良くあることです。一日の釣りの中で何回ルアーチェンジするか覚えるのも難しいくらいです。

そのたびにラインを結び変えていたら、いくら時間があっても足りません。

スナップのデメリット

  • スナップを購入しなくてはならない。寿命がある。
  • スナップの重さでルアーの動きが変わってしまう。
  • ラインチェックを怠り気味になってしまう。

こんなところでしょうか。

スナップは直結と違い、ルアーに付属してくるものではありませんから、自分で購入する必要があります(例外あり)

そのうえ、お世辞にも長いとは言えない寿命があります。

ただし、別に高価なものではありませんから、大したデメリットではないと考えています。

 

また、スナップの重さでルアーの動きを制限してしまう場合があります。

が、これは管釣りではほとんど当てはまりません。

なぜなら、スプーンやクランクを作っているメーカー側がスナップの使用を考慮して、ルアーを制作しているから。

昔は、スプーンのアイ(糸を結ぶ所)にスプリットリングが付いているものが多かったですが、今はリングが付いているものの方が少ないですよね?

つまりは、スナップを付けて使ってくれとメーカー側が言っているようなものなのです。

 

ラインチェックを怠りがちと言うのは、スナップではルアー交換時にラインを結びなおす必要がありません。

そのため、ラインに傷が入っていてもついつい見逃してルアー交換してしまうんです。

結果的にその傷からラインブレイクなんてこともあるので、ラインチェックは意識して行ってみてください。

 

結局は・・・

デメリットよりメリットの方が上回るので、

管釣りではスナップを絶対使ってください!

と言う結論です。

今の管釣り業界、直結派の方が少ないのではないでしょうか?

 

ローリングスナップは基本的に使用しない!

糸よれ防止のために、サルカン(スイベル・ヨリモドシ)付きスナップ(ローリングスナップ)と言うのも存在します。

管釣りでも使用できるサイズのものもありますが、私的にオススメできません。

 

なぜかというと、重量が通常のスナップより増えてしまうから。

ついでに言うと、スナップの全長も伸びてしまい、フックがスナップに絡む確率も上がってしまうから。

 

デメリットの欄で「メーカーはスナップの使用を考慮している」と書きましたが、ローリングスナップになってくると別問題。

管釣りではほとんどローリングスナップは使用されませんし、ルアーを作るメーカーのテスター陣も使用している人はあまりいないのではないでしょうか?

ルアーの持ち味を生かすには、それをテストしたテスターと限りなく同じ状況で使うことがベストだと私は考えているので、

ローリングスナップはオススメできない!

という結論になっています。

ローリングスナップを使う特殊条件

散々否定しましたが、ローリングスナップ推奨のルアーも管釣りには存在します。

その代表格がセニョールトルネード等の、糸よれを確実に発生させるルアー。

セニョールトルネード<ザクトクラフト/ZactCraft>【〇メール便OK】

価格:529円
(2018/5/21 20:43時点)
感想(7件)

入門ルアーとしてはかなり有名な反則系ルアーです。これは、純正状態でローリングスイベル装着済み。

なぜなら、ルアー自体がぐるぐる回転して動くので、どんな状態でも確実に糸よれを発生させるからです。

糸よれはライントラブルの元ですし、ここまで巻くだけで確実にライントラブルを発生させるルアーだと、糸へのダメージは致命的です。

ここまで糸よれを発生させるルアーで、その上純正でローリングスナップ推奨であれば、絶対ローリングスナップを使いましょう。

ただし、このような系統のルアーを使うときだけローリングスナップに結び替え、通常のルアーであれば普通のスナップを使うのがオススメです。

オススメ管釣りスナップ3選

お次はオススメスナップ3選をご紹介。

私がメインで使っているものや、以前使っていたものの中で、使いやすい!オススメできると思えた、選りすぐりの3つです!

ティモン e-snap


ジャッカル(JACKALL) ティモン e-snap #00 8本入

私が現在メインで使用している、ティモン e-スナップ。

管釣り入門では何度も登場していますが、ジャッカルのトラウト部門、ティモンから発売されています。

#00番、#0番とあり、ルアーの大きさに合わせて使い分けることが可能。

フック部分が浅曲げ仕様でクランクにも装着しやすく、ワイドなラウンド型で肉厚なスプーンでも対応。

管釣りルアーなら、これを持っていれば間違いなしな一品。

意外と手ごろな値段なのもオススメポイント。

ティモンe-snap #00

価格:388円
(2018/5/21 21:18時点)
感想(1件)

 

ディスプラウト ディスナップ


ディスプラウト(DAYSPROUT) ディスナップ 10個入り #000

次に、高価だけど高性能なロウ付けスナップである、ディスナップ!

こちらも管釣りメーカーである、ディスプラウトから発売されています。

ロウ付けの効果は金属のでっぱりがなくなるので、水草やゴミなどがスナップ本体に引っかかりにくくなること。

暖かくなってきた今のような時期、水草やアオコ等が発生する管理釣り場さんでは多用するアイテムです。

また、ロウ付けの高価なのか、素材によるものなのか、意外と寿命が長いのも特徴。

ゴミが多い場所で、スナップに絡みまくってくる場所などではぜひ使ってもらいたいアイテムの1つ。かなりストレスが軽減されます。

#000と#0がラインナップされているので、スプーン用・プラグ用で使い分けてください。

【ネコポス対応】【DAYSPROUT ディスプラウト】ディスナップ 10個入り 管釣り エリア フィッシング スナップ

価格:605円
(2018/5/21 21:27時点)
感想(0件)

 

オーナーバリ クイックスナップ


OWNER(オーナー) P-02 クイックスナップ 00

今回ご紹介の中で一番普通で、一番特徴のないスナップ(笑)

なんていったら失礼かもしれませんが、そのおかげでかなり安価なスナップになっています。

20個はいっていて、それでいて200円ちょっと。コスパだけでいうなら3選のなかで一番です。

安いからって欠点があるわけでもなく、特徴がないだけです。

管釣り専用のスナップではないので、#00番でもマイクロスプーンには気持ち大きいかな?という時もあります。

しかしならが、入門であれば全く気になるところも無いと思います。私自身、数年間これを使っていました。

コスパ良く入門したいのであればイチオシスナップです!

オーナークイックスナップ P-02(サイズ00号)

価格:237円
(2018/5/21 21:36時点)
感想(1件)

 

スナップ サイズの選び方

オススメ3選のところでも書いた通り、スナップにはサイズがあります。

管釣りでは主に、#000・#00・#0が使われます。

サイズは、(小さい)#000・#00・#0(大きい)ってな感じです。

ショアジギ用なんかと比べると全部小さいんですけどね(笑)

メーカーによっても表記が違うので、コレ!と言えないのがつらいんですが・・・

 

ティモン e-スナップを例にとって見てみると、

#00→スプーン全般・マイクロクランク(ちびパニクラ等)

#0→クランク全般(パニクラ等)・重めのスプーン(アピード2.7g等)

なんて使い分けが可能です。

#00をパニクラに使おうとするとスナップが小さすぎて通し難かったりしますので、ルアーサイズによって使い分けるのがオススメです。

 

管釣り用スナップとして発売されているものであれば、

大きい(0が少ない)ものは、クランク等プラグや大型スプーン向き。

小さいもの(0が多い)ものは、小型スプーンや小型プラグ向き。

と思っていれば大きな間違いはないはずです。

 

最初のうちは大きい方だけでも十分対応可能なので、気になるまでは大き目のを使ってみてください。

ただし、釣果を上げるには小さいサイズのスナップも必要になります。忘れないでください。

 

スナップの寿命

スナップの寿命ですが、上の画像を見てください。

両方とも開けてある状態のスナップですが、右側の方が明らかに伸びていますよね?

この開けた状態で伸びてしまっているのが交換のサインです。

ここまで来ると閉めた時にも多少隙間ができてしまって、最悪ルアーが抜けてしまいます。

しかも締めにくいです(笑)

何度もローテーションしているとどうしても起きてしまう現象なので、「あれ?」と思ったら交換してください。

 

まとめ

  • 管釣りでは絶対スナップを使う
  • メリットはルアーローテーションの手軽さ、速さ
  • デメリットはラインチェックを怠ってしまうこと。意識してラインの傷をチェック!!
  • ローリング(スイベル付き)スナップは基本使わない(セニョール等特殊ルアー除く)
  • サイズは#000・#00・#0のどれか
  • 開いた状態で伸びたスナップは寿命!すぐに交換すべし!

あとがき

というわけで、管釣りトラウト入門「スナップ編」でした。

ご覧くださりありがとうございます。

 

スナップと言う小さなパーツですが管釣りではとてもとても重要なパーツで、欠かすことのできないものです。

入門者にはルアー交換を手軽にするものとして。トーナメンターには1分1秒を短縮するためのものとして。

管釣り業界では初心者から上級者まで手放せないアイテムなのは間違いありません。

 

なんでもいいや~となりがちなアイテムですが、専用はやはり良くできています。

軽さや装着のしやすさ、高価なモデルはゴミの付きにくさまで考えてあります。

ぜひ、管釣りデビューは管釣り用スナップで初めて見てください。

 

 

-トラウト(管釣り)
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.