管釣りトラウト入門『クランク編』 - ノンストップ! Fishing!

トラウト(管釣り)

管釣りトラウト入門『クランク編』

投稿日:

どもども。

今回は、管釣り入門「スプーン編」に続き、「クランク編」をお送りします。

ちなみに「スプーン編」はこちら。

管釣りトラウト入門『スプーン編』

どもども!今回は、ソルト系から離れて「管理釣り場」のトラウトルアーフィッシングへの入門編になります。 第一弾は、管釣りルアーの中で一番基本になるスプーンのセレクト! 管釣りスプーンは「各メーカーいろい ...

続きを見る

スプーンは基本中の基本ではあるのですが、入門するときにはクランクはどうしても用意してほしい!!

なんといっても、釣り初心者・入門者でも扱いやすいのが最大のメリットです。

普通に釣りしていく中でも、スプーンで獲りきれない魚を拾っていくにはどうしても外せないアイテムになってきます。

スポンサーリンク

クランクの役割

そもそも、クランクとは。

正式名「クランクベイト」

プラスチック製のリップがついたルアーで、ただ巻きでブリブリとしっかり泳いでくれるルアーです。

 

管釣りでは、スプーンと比べて、

  • スローに引ける
  • プラスチックなので透けた色が出せる
  • プラスチック波動でアピールできる

ことがメリットになります。

私的には、スプーン→クランクの順番で使うことが多く、スプーンで獲りきれなかった魚を取るイメージで使います。

 

前回のスプーン編でちょっと小難しいことを書きすぎた感があるので、今回はちょっと簡潔に行きます。

そのうえ、

私はクランクの釣りがあまり得意ではありません(笑)

それでも釣れるので、やはり入門する際にはぜひ買ってほしいルアーです!

 

クランクが入門者・初心者にオススメなわけ

私的に初心者・入門者には、クランクの方が使いやすいと思っています。

それはなぜか?ずばり・・・

投げて巻くだけで釣れるから!!

 

スプーン編で書いてませんが、スプーンをちゃんと使うには、

  • カウントダウンでレンジ(魚が居る層)を探す
  • 見つけたレンジをキープする
  • カラー・ウェイト・ルアーローテーションをしてアタリカラー・アタリウェイト・アタリルアーを探す

と言った作業が必要になってきます。

しかも、スプーンは何もしなかったり、巻くのが遅すぎるとドンドン沈んでいくので、最終的には根掛かりしたりしてしまいます。

 

しかしクランクであれば、全体的になんとなくで釣れます(笑)

カウントダウンでレンジを探す・見つけたレンジをキープするといったところですが、クランクは巻くだけで一定のレンジまで潜って行ってくれるので、巻くだけでOK。

カラー・ウェイト・ルアーローテーションはどうしても必要になってきますが、スプーンほど細かく分かれていないので、なんとな~くで対応できます。

また、キャストミスをしても、クランクはフローティング(浮く)のものが多く、根掛かりの心配も少ないです。

巻き抵抗も大きく、手元まで「ブルブル」と泳いでいる感覚がしっかり伝わってくるものも多く、泳いでいる感覚が分かりやすいメリットもあります。

 

もちろん、トーナメントや数をさらに求めるのであればシビアになっていきますが、最初のうちではなんとな~くで対応するだけで釣れるクランクがオススメなんです!

 

管釣り入門にオススメクランク3選

クランクの必要性や使いやすさはわかっていただけたでしょうか?

特殊な状況を除いて、最初のうちはスプーンとクランクでしばらく釣りができます。

というわけで、次は使いやすくて釣れるクランクをご紹介します。

スプーンと同じく、好きなメーカー・ルアーがあるのであれば、そちらを購入して初めても問題ありません。

ただ、クランクはスプーンと比べて単価が高いので、失敗したくない方は参考にしてみてください。

 

ティモン パニクラDR・MR


JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン パニクラDR 32mm 3.6g ショボクレおこし

こちらはジャクソンのトラウト部門、ティモンから発売されているパニクラというクランク。

王道的なファットな形で強めのウォブリングながら、安定した釣果をたたき出してくれるルアーです。

私的にはクランクのなかでベースとなり、クランクの70%はこのパニクラです。

DR・MRがあります。後程説明しますが、潜航深度の違いです。

 

オススメカラーとしては、タッキーブラウン・タッキーグロー・ヨネスティBグロー・ヨネスティOグロー・ショボクレグロー・パパの陰謀などです。

個人的には上記のカラーが登板率が高いですが、他のカラーももちろん釣れます(笑)

ティモン パニクラ MR

価格:1,028円
(2018/5/14 17:26時点)
感想(0件)

 

 

ムカイ ザンム35MR-F


ムカイ(Mukai) ルアー ザンム 35MR F 定番14 ウィニングWブラウン.

お次はちょっと変わった形のクランク。昔あったL社とムカイのコラボ爆釣ルアー「つぶアン」というクランクのムカイバージョン。

風のうわさによると2社間でごたごたがあって、生産終了してしまったとかなんとか。

その「つぶアン」のムカイバージョンが、ザンム35MR-Fというわけで、もちろんこちらもめっちゃ釣れます。

 

どんな状況下でも釣果を出してくれ、かなり信頼できるクランク。小粒なシルエットも様々な状況に対応できる秘密かもしれません。

また、ロッドでイレギュラーなアクションを入れたりしても効果があります。

ともかく釣れる上にシュチュエーションを選ばないクランクなので、ぜひ持っておいてほしいクランクの1つです。

 

ムカイ(Mukai) ルアー ザンム 35MR F 定番14 ウィニングWブラウン.

新品価格
¥1,166から
(2018/5/14 17:41時点)

ラッキークラフト×ディスプラウト G2クラピー


ディスプラウト(DAYSPROUT) ルアー ディープクラピーG2 D03マグナム茶柱

お次は超王道、ラッキークラフト クラピーのディスプラウトコラボである「G2クラピー」

昔から管釣りクランクと言えば「クラピー」みたいなところがありました。最近ではパニクラに推され気味な気もしますが、ディスプラウトコラボクラピーだけはどうにも外せません。

こちらのクランク、ラトル入りタイプで音で魚にアピールできます。

このラトルがいいのか、他のクランクがダメなタイミングで、魚を拾っていける優れもの。

DEEPモデル1つだけでもいいのでぜひ持っていて欲しいです。

 

カラーは、マグナム茶柱・静岡緑茶・春ピンジェラートがオススメ。

クリアなエリアではマグナム茶柱、マッディなエリアでは静岡緑茶で良い思いをすることが多いです。

DAYSPROUT(ディスプラウト) ディープクラピーG2 34mm D03 マグナム茶柱

価格:1,409円
(2018/5/14 17:51時点)
感想(0件)

 

初めてのクランク購入、3個は欲しい。できれば5個・・・

オススメクランク3選をご紹介しました。さて、あとは何個買うかが問題になってきます。

出来れば、5個買って行った方がいいと思うのが本音です。

行く管理釣り場さんにもよるのですが、クランクが爆釣パターンにハマることも多く、種類やカラーをいくつか用意していった方が結果的に楽しめる場合が多いです。

初心者が渋い時間にスプーンで釣るのはそう簡単ではありませんが、クランクであれば継続的に飽きない程度に釣れることが多いです。

最低でも3個は買って行ってもらいたいです。

カラーはペレット系や上記の紹介したカラーを買ってもらえればOKです。

 

3個買う場合、私だったら・・・

パニクラMR 1個(ヨネスティOグロー)

パニクラDR 1個(タッキーブラウン)

ザンム35MR-F 1個(Wペレット)

パニクラDRとMRを購入して、中層~ボトム付近までカバーできるようにします。

ザンムはパニクラの動きが効かない時の保険として1個購入しておきます。

 

5個買う場合、私だったら・・・

パニクラMR 1個(ヨネスティOグロー)

パニクラDR 2個(タッキーブラウン・パパの陰謀)

ザンム35MR-F 1個(Wペレット)

G2クラピー 1個(マグナム茶柱)

パニクラMR、DRのどちらかを2個買いにして、ザンム・G2クラピーは保険の役割で1個ずつ購入します。

行く管釣りの水深にもよりますが、パニクラDRはボトムノックで使っても優秀なので2個持っていても損はないと思います。

 

カラーの選び方

正直、私もカラーの選び方は苦労します。

スプーンとは違い、明確にコレと言えるものがありません。

私がカラー選びの時注意しているのは、

スケルトン系(スプーンには出せない透け感)

茶色等ペレット系

グロー系

の3つ。

特に、スケルトン系のペレットカラーやスケルトン系のグローカラーは良く購入します。

やはり、スプーンの次の手として使うことが多いので、スプーンで出せない色が強い気がします。

 

パッケージの見方

クランクに限らないですが、パッケージ見方をご紹介します。

釣具店などで実物を見て購入するときには参考にしてみてください。

 

MR・DRとかDEEP・BOTTOMとかってなに?

上のパッケージはG2クラピーのものですが、パニクラとかはMR・DRとか表記があります。

これが表す意味は、潜航深度です!どのくらいまで潜っていくかを表しています。

メーカー・ルアーによって、表記方法が同じでも潜る深さは違いますので注意してください。

パニクラ等

SR:シャローランナー(表層付近・パニクラは0.8m前後)

MR:ミディアムランナー(中層付近・パニクラは1.5m前後)

DR:ディープランナー(深層付近・パニクラは2.0m前後)

クラピー等

SHALLOW:シャローランナー(表層付近・クラピーは0~0.5m)

MEDIUM:ミディアムランナー(中層付近・クラピーは0.5~1m)

DEEP:ディープランナー(深層付近・クラピーは1.0~2.0m)

BOTTOM:ボトムランナー(ボトム付近・クラピーは2.0~2.5m)

と言った感じ。潜航深度はあくまでも参考程度です。

「SRは浅い所を泳ぐんだな~」とか「DEEPは深いところを泳ぐんだな~」程度の覚え方で大丈夫です

「魚が表層にいるからSRかな?」「魚が見えないからMRかDRかな?」みたいな使い分けをするので、頭の片隅で覚えておくのをオススメします。

 

FとかSってなに?

次は、S・SS・Fなどの表記についてご説明します。

簡単に言えば、「沈むか浮くか」の表記です!

HF:ハイフロート(浮力強めで浮く。巻いてもほぼ沈まない)

F:フローティング(浮く)

S:シンキング(沈む)

SS:スローシンキング(ゆっくり沈む)

HW:ヘビーウェイト(重く早く沈む。浮き上がりにくい)

こちらは、先ほどの潜航深度ほどメーカーで違ったりしないですが、SSやHWは沈むスピードや重さが微妙に違います。

クランクに限って言ってしまえば、最初はF(フローティング)モデルを買えば間違いないです。

SSやSなどは、マイクロ(1g以下の)スプーンと同じような使い方が出来たりと、便利な面も多いです。

ただ、いきなりそこからスタートするとクランクの使い方とは少し外れてきてしまうので、最初のうちはFが使いやすいです。

 

まとめ

  • クランクは投げて巻くだけで釣れるから初心者・入門者も使いやすい
  • 最初は3個くらい買っておきたい
  • カラーはスケルトン系ペレットカラーやスケルトン系グローカラーがオススメ
  • SR・MRやDEEP・BOTTOMは潜航深度のことを表している
  • FやSは浮力表記で、沈む・浮くなどを表している→最初はFを買えばOK

 

あとがき

というわけで管釣りクランクについてでした。

ご覧くださりありがとうございます。

 

やっぱり苦手なルアーを解説するのはなかなか難しいです(笑)

それでも最初はぜひ使ってもらいたいルアーですし、後々も絶対に必要になるルアーなので、苦手なりに書いてみました。

分かりにくかったらごめんなさい。

 

クランクもスプーンと同じく、やりこんでいけば増えていく重要アイテムの一つではありますが、やはり入門時でも使いやすい上に釣れるということがそれ以上に大事だと思います。

ぜひ、クランクも使ってエリアフィッシングを楽しんでみてください。

 

-トラウト(管釣り)
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.