オールマイティージグヘッド「ティクト アジスタ」 - ノンストップ! Fishing!

アジング

オールマイティージグヘッド「ティクト アジスタ」

更新日:

どもども。前回は、数釣りメインのアジングジグヘッド「アジメバアーミー」をご紹介しました。

数釣りアジングに使いたいオススメジグヘッド!「アジメバアーミー」

今回は小型~中型アジ狙いの数釣りのための、数釣りスペシャルなジグヘッドをご紹介します。 豆アジ~30㎝いかない位までのサイズを狙った数釣り、特に表層パターンや激渋パターン時には強い武器になるジグヘッド ...

続きを見る

ただし、掛かり最強のアジメバアーミーの欠点に「0.6gまでしかない」がありまして、今回0.8g以上を使う際のおすすめジグヘッドをご紹介することにしました。

0.8g以上の場合、私が良く使うのは「ティクト アジスタSサイズ」になります。

今回はこのアジスタのご紹介になります。

スポンサーリンク

アジスタの特徴

アジのサイズに合わせたサイズラインナップ

アジスタには、SS・S・Mと3サイズあります。

その使い分けが、狙う鯵のサイズによって変わってきます。

SS→豆アジ狙いで、小さい口に入りやすいネムリバリ

S→オールマイティーで小型から尺まで対応可

M→アベレージ尺以上のデカアジ狙い


【Cpost】ティクト アジスタ! SS 0.8g

SSですが、オープンゲイプではなく、豆アジの小さい口にでも吸い込まれやすいようにネムリバリを使用しています。

ただし、豆アジゲームであれば、アジメバアーミーを使えばいいので、使うことはほとんどないです。

 


林釣漁具製作所 ティクト アジスタ! S 0.8g(東日本店)

Sサイズですが、こちらがめちゃくちゃ使いやすい。15~20㎝前後アベレージで、0.8g以上のジグヘッドを使う場合は間違いなくこの「アジスタ S」を使用します。

フックサイズもちょうどよく、オープンゲイプなので早掛け仕様で即アワセにも対応しています。

 


林釣漁具製作所 ティクト アジスタ! M 0.8g【ゆうパケット対応】

Mサイズはかなり大き目のフック。こちらはデカアジに対応しているため、アベレージサイズの大きいエリアではかなり活躍するはず!

フック軸も細すぎず太すぎず、掛かりを損なわず、それでいて伸びや折れを防いでくれます。

完全丸ではないヘッド形状

写真を見ればわかるように、ヘッド部分が斜めに欠けています。

これはジグヘッドに抵抗を与え、チョンチョンと誘いを入れた際に軽量ジグヘッドでも手元に存在を伝えやすくするため。

斜め上の位置に欠けている部分を作っているのも、誘い上げるときに抵抗が掛かりやすいように考えられて作られています。

完全丸型のジグヘッドのアジメバアーミーと比べても抵抗が強く、誘い・巻き・フォール時でもジグヘッドの存在を釣り人から圧倒的に感じやすくなっています。

つまりは、あまり軽いルアーに慣れていない方や、初心者・入門者にも使いやすいものになっています。

ショートシャンク・オープンゲイプ

フック形状はオープンゲイプ・ショートシャンク使用(SS除く)。

オープンゲイプは、アジが吐き出す時に針先が口の中のどこかに触れやすく、アワセた際にも針先がすぐに口の中に触れやすい。これで早掛けにも対応しやすくなっています。

ショートシャンクであることにより、全長が短くなるのでそれなりのサイズのアジであれば、オープンゲイプであったとしても吸い込みやすくなります。

豆アジの小さい口にはオープンゲイプが邪魔になり、吸い込みにくいかもしれませんが、ある程度のサイズであればしっかり吸い込める形状になっています。

豆アジが多く、アタリがあるのに乗らないのであれば、それこそアジメバアーミーを使えばいいですし、SSサイズを使ってもOKです。

オープンゲイプで吐き出す際もフッキングの際もアジの口の中で針先が触れやすく、フッキングしやすい。

ショートシャンクでそれなりサイズのアジでも吸い込みやすくなっている。

 

他にない?金針仕様。

見ての通り、金色の針を使用しています。

エサ釣りでも、アジと言えば金針といった説があります。

正確な理由はわかりませんが、アジには金針が効くことは確かなようで、アジ用の針は金色であることも少なくありません。


がまかつ(Gamakatsu) シングルフック 小アジ ザ・ボックス 5号 金

その説をアジング用ジグヘッドに使用したものになっています。

金針仕様のアジング用ジグヘッドはなかなか無く、効果も説明はできませんが、金針のメリットはあると思われます。

スナップ対応の大き目アイ

アジメバアーミーや2gのジグヘッドと比べてもこの通り、アイがとてつもなく大きいです(笑)

これは、ティクト自身スナップを発売しているからだと思われます。


TICT(ティクト) ラクリップ徳用(25ケ入り) Normal【あす楽対応】

これであれば、スナップ愛用アジンガーの方でも通しやすく、ジグヘッド交換がすごくやり易い。

スナップ愛用アジンガーであれば一度は経験しているであろう、「アイが小さくてスナップが通らない」という事態を防いでくれます!

アジスタ 気になる点

オールマイティーで使いやすい初心者にも使いやすいジグヘッドですが、少々気になる点が2点。

  1. 豆アジ狙いには少し力不足?
  2. 金針が嫌われるときがある?

この2つ。疑問形なのは、しっかりとした根拠がないから。

 

1つ目は、豆アジに少し力不足。

メインに使うアジメバアーミーとの比較になってしまいますが、どうしても線径が少々太目。

それでいて、S・Mサイズはオープンゲイプで口に入り辛く、SSに関してはネムリバリで針先が外を向いていないので、アジの口からスポッっとアワセ抜けてきてしまうことがあります。

SSの場合は、アワセを入れずにしっかり魚の重みが乗るまで待っていれば、アワセ抜け比較的解消されます。

しかし、待っている間にジグヘッドを離してしまったりするので、あまり攻撃的に数釣りができる感じではありません。

結局は、豆アジではアジメバアーミーに軍配が上がってしまいます。

 

2つ目の金針が嫌われることがある?ですが、何度かアジスタにアジが反応しないことがありました。

その際に、普通の針を使ったジグヘッドでは釣れたので、金針を嫌うタイミングがある可能性があります。

金色のキラメキが嫌なのか、どうしてもアジスタだけ釣れず、他のジグヘッドなら釣れる状況もあるので、アジスタシリーズのみしか持っていかないというのはあまりオススメしません。

ただ、金針であるから釣れるアジも存在するとは思いますので、デメリットになるばかりではありません。

 

まとめ

と、いうわけで、アジングオールマイティージグヘッド、「ティクト アジスタ」のご紹介でした。

0.8g以上のジグヘッドを使いたい「風が強い」「水深が深い」「早く沈めたい」場面ではアジスタの登板率はかなり高いです!

ジグヘッドの存在が分かりやすいヘッドなうえに、スナップ対応の大き目アイなので、初心者・入門者には圧倒的オススメジグヘッドです。

アタリに即アワセを入れるという、アジングならではの楽しさも感じさせてくれるヘッドです。

ラインナップも豊富なので、メインのジグヘッドとしても使って行くにも安心感があります。

ティクトのワームを使われる方にもベストマッチのジグヘッドですので、ぜひ使ってみてください。

-アジング
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.