18カルディア 未使用インプレ(笑) - ノンストップ! Fishing!

リール

18カルディア 未使用インプレ(笑)

投稿日:

買うつもりはなかったんですが、釣具店で触っているうちについつい買ってしまいました・・・

「18カルディア」

LTコンセプトのダイワリール初購入です。

そして、一応記事にしてみますが、写真を見ても分かるとおり、

未使用です!(笑)

色々忙しくて釣りにいけてません・・・。

そのため投げやりな感じになっていますがごめんなさい。

その上ちょっと長いわがまま記事になっています・・・苦笑

 

今回はエギング用サブ機として、LT2500-XHを購入しました。

LT2500をLTではない2500と比較しつつ、エギング用としての考察なんかも交えて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

LTコンセプト化したカルディアは?

はたしてどんな機能を搭載したんでしょうか。

LTコンセプトの恩恵とは?

LTの恩恵は、なんといっても重量!

LT2500XHでなんと

「190g」

旧14カルディア2508Hで、220g。

なんとその差30g。

 

LTコンセプトは

L=ライト

T=タフ

の略。

文字通り、ボディがザイオン素材+コンパクト化で、かなりライトになっています。

タフの方ですが、未使用なのでわかるわけありません(笑)

というか、1か月2か月でわかるかどうかも微妙ですから、あえてここには触れないで行きます。

果たして本当にタフかどうかは1,2年使ってどう劣化していくかですね。

一応タフ面で採用されたのは、リールの心臓部であるギア部分。「タフデジギア」が搭載されているそうです。

 

それにしても、LT2500XHで190gと言う軽さ。

これは、セオリーの2508PE-Hと同ウェイト。値段差は定価で8,500円差。

小型クラスでは多少差が出るものの、「LT2500XH VS 2508PE-H」で比べると、セオリー喰っちゃいますね。

ウェイトだけの判断だけではなく、他の性能もセオリー同等レベルを感じました。

家で回しただけですが(笑)

NEWテクノロジーも満載!

軽量化のためにザイオン素材を使い、小さくしたボディとその恩恵で軽くなったウェイトだけでなく、他にもNEWテクノロジーが搭載されています!

マグシールドとエアローターは従来通り搭載されています。

これはもう定番中の定番ですね。

NEWイグジストFCはマグシールド抜きらしいですけどね!

他にはベール部分を中空化しているエアベールも搭載済みです。

LC-ABSで飛距離アップ?

LC-ABSとはLong Cast ABS(ロングキャストABS)のこと。

このスプールエッジ(スプールのツバ)部分のトコにある、黒とシルバーの2段差がどうやら飛距離アップしてくれる形状。

シルバーの下にある黒い段差の手前までが糸巻量適正位置らしいです。

ライントラブルも低減してくれるみたいです。

問:飛距離は実際伸びたのか?

答:使ってないのでわかりません。すいません。

スプール自体は極薄アルミ素材で肉抜き加工が少ないですが、軽量になっているようです。

大口径ドラグノブで調整を楽に!

魚とのファイト中、ドラグ調整するタイミングってちょいちょいありますよね?

かねてより、ダイワのドラグノブは小さくて調整しにくいな~と思ってました。

シマノみたいにドラグノブ大きくならないかなぁ~って(笑)

ようやく大きくなってくれました。これでドラグ調整も楽になるはず!!

ちなみに、ノブは大口径化しましたが、中のワッシャー等は特にサイズアップしている感はないですね。

これはシマノも一緒で、ノブが大口径化しただけですね。

細身になったハンドルとノブ

ハンドル自体はセオリー同様細身になっています。

この部分でもかなり軽量化されています。

ハンドルノブの方ですが、

シマノ製になりました(笑)

かっこよくなりました!!

ラインストッパーも新形状に!

形状が変わりました。

細糸から太糸まで止めやすい形状だそうです・・・が・・・

試しにライン止めようとしたら慣れてないせいか、意外と手こずりました(笑)

製造はMADE IN CHINA

18カルディアはセオリーと同じく、メイドインチャイナでした。

ただし、特にガタツキや巻きが重いなどは感じられず。

各部の重さ

ササッと外せる場所だけ重さを測ってみました。

安めの電子はかりですので、あまり正確ではないかもしれないです。

なので、参考程度に納めておいてください。

写真の角度的に小数点見えなくなっちゃってますが、ご了承ください。

ハンドル+ハンドルノブの重さ

18カルディア LT2500-XHのハンドル長は55㎜。

重さは17.8gでした。

スプール+ドラグノブの重さ

18カルディア LT2500-XHのスプール+ドラグノブで34.6gでした。

スプールの重さ

18カルディア LT2500-XHのスプール単体の重さは27.3gでした。

極薄アルミを使っているおかげか、RCS 2508PEエアスプールⅡ(カタログ値 33g)より軽量になっています。


ダイワ(Daiwa) RCSエアスプール2 2508PE ゴールド 00056227【あす楽対応】

エギング用でLT2500-XHな理由

私がエギング用としてこのLT2500を買った理由ですが、

ラインキャパとドラグ力が決め手!

それだけではなく、思わぬ恩恵が・・・

ギア比はメインリールとの使い分けのはずが・・・

ギアがXHな理由はメイン機のエメラルダスMXがノーマルギアなため、使い分けの為にもギア比を変えてみました。

と、そのつもりだったのに、なんかすごい巻きが軽い!

XHとは思えないほどの巻きの軽さ。ノーマルギアと何も差がないレベル。

普通に「はいっ!」と渡されたら、巻心地だけではノーマルかXHなのか判断付きません。

狙ってはいませんでしたが、思わぬ恩恵でした!

最大ドラグ力はMAX7kg欲しい!!

上の画像を見てもわかるとおり最大ドラグ力MAX10Kg。

 

ダイワのエメラルダスシリーズは軒並みMAX7kg。

シマノのセフィアシリーズは軒並みMAX9kg。

 

最大ドラグ力に関しては、エギングではダイワは最低MAX7kg。シマノはMAX9kgが必要とみているということになります。

18カルディアでMAX7kgを超えるのは、MAX10kgのLT2500クラスと言うことになります。

ラインキャパはPE0.6号が200m以上欲しい!!

次にラインキャパですが、私は基本的にサンラインの「PE-EGI ULT HS4」か「PE-EGI ULT HS8」の0.6号を240m巻くことが多いです。

そのため、PE0.6号が200m以上入るキャパが必要なので、PE0.6号が290m入るLT2500クラスが適任と言うことです。


サンライン(SUNLINE) PEライン ソルティメイト エギ ULT HS4 240m 0.6号


サンライン(SUNLINE)☆ソルティメイト(SaltiMate) PE EGI ULT HS8 0.6号 240m[エギング用品]【送料590円 1万円以上送料無料(北・沖 除く)】

他の番手はエギングには?

18カルディアでLT2500・LT2500-XH意外にエギングに使えそうな番手で行くのであれば、

  1. LT2000S・LT2000S-XH
  2. LT2500S・LT2500S-XH
  3. LT3000-CXH

でしょうか。この3機種も検討しましたが、辞めた理由が以下の通り。

 

1は、ドラグ力不足(MAX5㎏)&ラインキャパ不足(PE0.4号200m)

推測ですが、アジングやトラウト向きと言うことでしょう。

 

2は、発売が5月・・・というのは置いておいて(笑)ドラグ力不足(MAX5㎏)&ラインキャパ不足(PE0.6号200m)

これはバス向きと言うことっぽいですね。

 

3は、ラインキャパ大きすぎ(PE1号200m)

シーバス用と言ったところでしょうか?

無駄に大きいサイズを買うと下巻量も増えますし(めんどくさい)、自重自体も重くなってしまうので却下。

 

あくまで私が選んだ理由なので、他番手ももちろんエギングに使うことは可能です。

たまたま私の条件に合ったのが、LT2500-XHということです!

実際、セオリーVS18カルディアだと・・・


ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2508PE-H (2500サイズ)

実際、サブ機としてセオリー 2508PE-Hを買おうと検討していたのですが、

店頭で巻き比べた結果、

もう18カルディアでいいじゃん!!

ってなりました。

 

正直、エギング用視点で2500番クラスで比較するなら、巻心地の差はないようなものだと思います。

2508とLT2500の自重の差もなし・・・。

差らしい差と言えば、パッと見でわかるのはベアリング数。

1個の差なんて、後から変えたくなったら安価で交換できるので、正直そんなに気にしてません(笑)

詳しく見ていくとザイオンローター搭載か非搭載か等、細かい差はありますが、

大型番手の差は、もうないんじゃないですかね・・・。喰われちゃうんじゃないですかね~セオリー。

 

あ、でも、あくまでも、

私は未使用ですよ(笑)

忘れちゃいけない大事な部分です。信ぴょう性は薄いので・・・。

小型番手はセオリーに分がある部分も多いですし。

 

まとめ

というわけで、18カルディアLT2500-XHについてでした。


ダイワ リール 18 カルディア LT2500-XH

正直、カルディアがモデルチェンジするときには買う気はなかったのですが・・・

ここまで高性能になってくるとは思いませんでした。

前作は完全に入門機。のちにセオリーやらルビアスにランクアップしてもらうことを視野に入れたリール感がすごかったです。重かったし。

ここまで来ると、入門機・サブ機みたいな分け方ではなく、完全にメインを取ることができますし、長く使えます。

不満から来る買い替えも少なくなると読んで、購入に踏み切りました。

それでいて、この値段。コスパ良すぎませんかね??

 

18フリームスもねじ込み式ハンドルになったりして、かなりコスパが上がっていますし、LTコンセプト、この後が楽しみですね!

-リール
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.