ダイワエギングロッド「ストイスト AGS 88LM-S」インプレ - ノンストップ! Fishing!

エギング

ダイワエギングロッド「ストイスト AGS 88LM-S」インプレ

更新日:

今回はダイワのエギングロッド、エメラルダス ストイスト AGS 88LM-Sのインプレになります。

ストイストはエメラルダスシリーズの中ではエメラルダスEXを超えるスペックを持ち、ダイワの最新テクノロジーを搭載したシリーズになっています。

そのストイストのなかで「88LM-S」は、ヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが生み出したバックドリフト釣法に対応するためのロッドとなっています。

しかしこのロッド、バックドリフト釣法に限らず、エギングという釣りをさらにおもしろく、そして高次元の領域へ連れて行ってくれるロッドなんです!

正直1日の釣りの中でずっとバックドリフトを使うことはなく、最初はバックドリフトしか使えないんじゃないかと、購入時は心配しましたがそんなことはありませんでした(笑)

LM-Sという表記にも春烏賊サイズにはパワー不足なんじゃないか・・・なんて心配も全く必要なく、このロッドを購入してからエギングと言う釣りがさらにおもしろくなりました。

スポンサーリンク

ストイストの基本性能

まずは、ストイストAGS 88LM-Sの搭載されているさまざまなダイワテクノロジーとその恩恵を私なりの使用感と一緒にご紹介いたします。

AGSガイド

AGSと書いてあるからには、もちろんAGS搭載です!

しかもストイストのAGSは従来品と違い、糸がらみ防止形状のRタイプフレームにCリングとNリングを搭載したAGS エアガイドシステムとなっています。

実際、ティップ付近とバット付近ではガイドリングの色が違います。

ティップ付近には、Nリング。バット付近はCリングなっています。

AGSガイドのおかげで、シャクるときにガイドの存在を感じることなくシャープにシャクることができ、大変気持ちいい操作感をもたらしてくれています。

 

メガトップ

88LM-Sは、エギングロッドとしては珍しく、ソリッドティップを搭載しています

ダイワの「メガトップ」と呼ばれるカーボンソリッドなのですが、こちらがすごい!

画像をご覧いただけるとわかると思いますが、「下がストイスト88LM-S」のもの。比較においた「上がメジャークラフト トラパラ602ULと言うトラウトロッド」になっています。

この細さ、伝わるでしょうか。どうみてもトラウトロッドより細いんです。

先径はカタログ表記で何と0.8㎜!月下美人 アジングなどと同じか少し細いくらいで、まさかのアジングロッド並。

ここまで細いことにより、ティップから伝わる情報量が大変なことになっています・・・

 

まず、潮の動きや重さ。アジングロッドレベルの太さですから、ちょっとした潮の動きを敏感にとらえてくれます。

動き出したタイミングや止まったタイミングなど、竿先を確認する目感度でも手元で確認する手感度でも面白い様に伝わってきます。

つまり、潮の動く・止まるの時合を逃さず、潮の早い・遅いを見極めてポイントを見つけられるんです。

 

もちろん、餌木の動きもわかりやすく、AGSの恩恵も相まって、テンションフォール時の着底が大変わかりやすい。

手前では、岩や石など硬いところに落ちた時は「コツン」と伝わるほど。地形変化も読み取りやすく、戦略が立てやすくなっています。

 

ソリッドティップなので先端はかなり柔らかく、ティップ部分のガイド数もかなり多くなっていますが、AGSのおかげかキャスト時の収まりはかなり良いです。

柔らかいということは、小さな負荷でも曲がってくれるということ。つまり、ちょっとしたテンションのかかり方の違いで手元・目元に情報を伝えてくれる素晴らしいティップです。

 

SVFナノプラス

ダイワのもともとの技術「SVFカーボン」に東レの「ナノアロイ」技術を取れ入れた素材。

ナノアロイは復元性が向上されており、使用感としては、シャクったあとのロッドが元に戻ろうとする力強いイメージ。収まりがイイというんでしょうか?

SVFナノプラスは、軽量・高感度・しなやかさを高次元で実現したブランク。

実際、持ってみるとバランスの良さからか大変軽く感じますし、もちろん感度もビックリするくらいの情報量に驚かされます。

しなやかさもエギングにはばっちりハマります。餌木の重さをしっかりと感じながら、竿全体を使ってシャクる釣りにはベストマッチ。

弾き飛ばすようなシャクリをする方にはしっくりこないかもしれませんが、しなやかに曲りを感じながらシャクる方にはピッタリなブランクではないかと思います。

 

V-ジョイント

ワンピースのような曲りを実現し、パワー・張り・曲がりからの戻りの早さが大幅アップする技術。AGS・SVFナノプラスと相まって、収まりの良さは素晴らしいの一言に尽きます。

しゃくった後、竿がスンッ!と止まる印象を受けました。

ついでに、この「88LM-S」と「V-JOINT」の白点の部分がマーカーになっているので、ガイドの向きをみてつなぐ必要がないのもうれしいところ。

ライフルを構えるみたいにして、ガイドの向きをそろえるのも楽しいっちゃ楽しいんですが、どうもズレてる気がしていつまでもセッティングが終わらないなんてこともなくなります(笑)

 

X45

ダイワのねじれ防止技術で、キャスト時・ファイト時のねじれを防止してくれます。

目に見えないねじれですが、防止することにより操作性・パワー・安定性を向上させてくれる大事な要素の1つです。

 

デザインとうれしい機能

まずは気になるグリップデザイン。

先端部分はEVAを使用しており、後方は派手すぎず、それでいて存在を主張するデザイン。高級感を演出する金の装飾などはないですが、それでいてこの存在感。

ストイスト=ストイックに烏賊を求める釣り人のための・・・それを具現化した渋く、硬派な、只者ではないオーラを纏っています。

デザインもさることながら、ツーフィンガーでもスリーフィンガーでも握りやすく、しっかりとしゃくれるグリップになっています。

烏賊からの反応を待つフォールの間、軽く握っていてもズレることなく安心感のある形状とEVAの質感は「フォールを楽しむ」ことのできる要素の1つです。

 

セパレート部分からグリップエンドに掛けても、シャクるときには邪魔にならず、キャストするときにはちょうどいい絶妙な長さになっています。

8.8ftと言う長さから、セパレート部分が長く、シャクリやフォール時に邪魔になりそうな印象を受けやすいですが、全くそんなことはなく、むしろ計算しつくされた長さになっています。

 

さりげない「STOIST」ロゴがグリップ先端側にも入っています。

一見、ただの装飾に見えますが、このEVAの切れ目も指が引っかかり、グリップ感を上げてくれる要因の一つ。

 

嬉しいことに、フックキーパーも常備。AGSガイドに引っ掛けて傷がつくのを気にして、あとから買い足す必要もありません。

しかも、折り畳み可能なので、不要なときはたたんでおけばラインが引っかかる心配もありません。

 

ストイスト88ML-Sの使用感

このロッドですが、触ったことのない方にイメージしやすく言うと、エギングロッドの先端にアジングロッドのティップを付けたような感覚です。

ティップはものすごく柔らかく、小さな情報一つ一つを伝えてくれる、まさにアジングロッドのティップのような繊細さ。それでいながら、ベリーからバットにかけては、キャスト・フッキング・ファイトを安心して行える強靭さがあります。

そのため、LM-Sという表記になっています。つまり、ティップがLクラス。ベリー~バットがMクラスということ。

ティップは情報を得るために使い、ベリー~バットで確実にエギを飛ばしフッキングからファイトするという、完全に役割を分けたロッドになっています。

それでいて、ギクシャクとした違和感がなく、一本のロッドとして完成しているため大変扱いやすいです。

 

柔らかめのソリッドティップと言うことで、チューブラから持ち替えた時には戸惑うかもしれませんが、シャクルときはティップの存在を忘れてベリーからバットを意識してシャクっていれば違和感もなくなっていくはずです。

ソリッドティップの残念な点としては、パワーが伝わりにくくガイドも多いため、少々飛距離が落ちやすいところですが、8.8ftというレングスが上手いことフォローしてくれているように感じます。

目感度・手感度の圧倒的情報量でエギングを最高に面白いゲームにしてくれるロッドではないかと思います。

88LM-S ちょっとだけ気になる点

AGSは割れるなんて聞いたりしますが、いままで堤防・地磯・サーフとやってきましたが、普通に平気です。

よほど雑に扱わなければ、割れることはないと思います。もし割れるような場合、普通のガイドですら何かしらダメージを喰らうと思われます。

 

それよりも気になるのは、先径が細いソリッドティップ。

ラインが絡まっていたら、一発で折れそうでヒヤヒヤするほど細いです。

ただ、今まで一度も絡まっていませんし、ガイド形状からか発生率は低そうです。

1つだけ気を付けたいのは、結び目をガイドの中に入れないこと。ガイドの中に結び目を入れると、結び目で小さいAGSを傷つける可能性があるほか、引っかかり方によってはティップが破損しかねません。

結び目を外に出して、ペンデュラムキャストで飛ばすといいと思われます。

88LM-Sを勘違いしてはいけない2点

  • 8.8ftと言う長さに期待して、遠投モデルだとは思ってはいけない

あくまでも、ソリッドの柔らかさをカバーするための8.8ftな感じなので、申し分ない飛距離は出ますが、大遠投できるモデルではないです。

どちらかと言うと、普通の飛距離でシャクり・フォールなど誘いを繊細にできるロッドです。

 

  • ショートピッチのシャクリが不得意

素早い動作で短く小さくシャクるのは少々やりにくく感じます。ソリッドが曲がるわけですから、やはり幅の小さい動きではエギに動きも伝わりにくいですし、シャクる側もどうしてもソリッドの戻りの遅さにギクシャクしてしまうと思います。

とはいえ、ある程度ベリーを意識して、シャクリ幅を出せば綺麗にエギは動きますし、2.5号~3号も綺麗に飛ばせます。それでいて、高感度・食い込み抜群のソリッドティップなので秋イカも高次元で対応してくれます。

もちろん、3.5号をメインに4号まで投げることが可能ですので、春烏賊も素晴らしい活躍をしてくれることでしょう。

まとめ

というわけで、エメラルダス ストイスト AGS 88ML-Sのインプレでした。

このロッドを買ったからと言って、急激に釣りが上手くなったかと言うとそういうわけではありませんが、圧倒的情報量の違いで釣りが楽しくなったことは間違いありません。

まだまだ、使い込みが甘いので、これからもいろんな顔を見せてくれることを期待して使い込んでいきます。

これからの春シーズン、とても待ち遠しいですね(笑)

 

(5) ダイワ エメラルダス STOIST AGS (88LM-S)/2017年モデル/アウトガイド /エギングロッド/釣竿/アオリイカ/烏賊/餌木/EMERALDAS/DAIWA/ストイスト/山田ヒロヒト/ヤマラッピ

価格:59,724円
(2018/3/6 00:01時点)
感想(0件)

 

-エギング
-, , , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.