管釣り!今この時期こそ使いたいティモン『ミッツドライ』&『デカミッツドライ』 - ノンストップ! Fishing!

トラウト(管釣り)

管釣り!今この時期こそ使いたいティモン『ミッツドライ』&『デカミッツドライ』

更新日:

どもども。

みなさん、GWいかがお過ごしでしょうか?

流石に、GWとなると暖かくなってきましたし、新緑も綺麗ですね!

暖かくなってきたこの新緑の時期・・・

今、この時期だからこそ!管釣りで使ってほしいルアーがあります!!!

それが、TIMON

「ミッツDRY」&「デカミッツDRY」

ティモン(TIMON) デカミッツ ドライ(DEKA Mitts DRY) 2.1g 【メール便OK】【etr_thi】

価格:1,028円
(2018/5/2 19:47時点)
感想(0件)

 

●ティモン デカミッツドライ 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:1,017円
(2018/5/2 19:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ミッツドライは、ティモンのトッププラグ!

ミッツドライ&デカミッツドライは、ティモンから発売されているトッププラグです!

正確には「トッププラグ」ではなくて「ハイフロートクランク」なので、ティモンのHPでもクランクに分類されてます。

そもそもミッツと言うクランクがあって、その「ドライ」モデルなので「ミッツ ドライ」と言う名前です。

 

「ミッツドライ」のコンセプトは「フライにしか反応しないような魚を振り向かせる」

水温が上昇して、水面を飛び回る虫を狙って、魚が水面でライズをはじめたらチャンス!!

※ライズ:魚が水面の虫などを食べる際に波紋を立てたり、跳ねたりしている様子

ミッツドライの独擅場になることも多く、投げて落とすだけですぐヒット!なんて良くあります(笑)

 

「デカミッツドライ」は、ミッツドライの大きいバージョン。

「普通のミッツドライより大きい虫をイミテーションしたのか?」と言われれば、答えはNO!!

大きくすることによってアピール力はもちろんですが、飛距離UPと2フック使用になったのが大きなアドバンテージ。

だと思います・・・・(作ったわけじゃないで

 

ミッツドライはやっぱりトップ系なだけあって、フッキング率が高いとは言えません。

なので、2フック化したデカミッツドライはやはり強いですし、飛距離が出るので有利になります。

 

「じゃあ、デカミッツドライだけ買えばいいや~」って言う方!!

ちょっと待ったぁああ~!!(笑)

私個人的に登板率は「ミッツドライ」の方が高いし、釣れると思ってるんですよ!!

なんでなのか。

やっぱり、スモールシルエットは強い

この一言に尽きます。大は小を兼ねるといいますが、管釣りでは小は大を兼ねるケースも多いんです。

そもそも、口が小さくペレットや羽虫、川虫など、小さいものを食べてきているトラウトには圧倒的に小さいもの優勢なんです。

 

つまり、何が言いたいかって、

ミッツドライとデカミッツドライは使い分けが重要!!

ってことです。

 

ミッツドライとデカミッツドライの使い分け

 ミッツドライの登板場面

  • ライズが多い場所が近~中距離
  • 魚のアベレージが小さ目
  • 魚が小さいルアーにしか喰って来ない

 

デカミッツドライの登板場面

  • ライズの多い場所が中~遠距離
  • 魚のアベレージが大き目
  • 普通のミッツドライでフッキングが悪い

 

主に、ライズしている距離で選んでもらえれば問題ないです!

もちろん、これだけに囚われる必要はないので、魚が上を意識しているときはバンバン使って行きましょう!

 

ミッツドライ・デカミッツドライの使い方

お次はミッツドライ・デカミッツドライの使い方。

「クランク×ハイフロート」なので使い方は無限大ですが、今回はトップとしての基本的な使い方をご紹介。

基本はストップ&ゴー!

基本的な使い方は、潜らせてからの、ハイフロートの特性を生かして早目の浮上!!

それらしく言うのであれば、ストップ&ゴー。

ロッドを下方向に構えて、竿先でルアーを無理やり沈めるイメージ。それと同時にリールを一回転巻きます。

巻いたら、あとは止めるだけ。あとはルアーが水面に「ポコッ」と浮いてくるのを待つ。この繰り返しです。

 

この時、あんまり深く沈める必要はないです。

リールは1回転巻くだけでもOKですが、状況によって2・1/2・1/3・1/4回転などいろいろなパターンを試してみましょう。

ルアーが水面に浮いてから、動かし始めるまで(ポーズ)の時間ですが、これも状況によって、早い方がいいとき・遅い方がいいときがありますので、いろいろ試してみてください。

ちょっとしたコツとして、「1投の中で緩急を付けずに、一定のテンポで動かすこと」。緩急を付けるのは、せっかく追ってきた魚が帰ってしまったりするのでオススメしません。

やっぱりトップは着水直後の放置

メバルの時も書いた気がしますが、やっぱりトップは着水直後、波紋が消えるまでの間が釣れます(笑)

テンポに関係なく、着水したらポーズは長めにとるのがオススメです。

波紋が消えてからも魚は見ていますので、そのまま放置しておくのが効くこともあります。

テンプラキャストで着水音を変える!

テンプラキャストってご存知でしょうか?

なんでテンプラかはよく知らないですが、上の(ちょっと大げさな)図のようにキャストが慣れない時にやってしまう、弾道が上がってしまうあのキャストのこと。

普通のルアーだと飛距離が伸びなかったり、風に流されやすくで失敗に当たるんですが、トップに限っては使えるテクニックになります。

上にとんだ分、水面に対してルアーが垂直に落ちてくるので、着水音が違う感じになります。これが効くときもあります!

 

ただし、飛距離が出ない・風に流されたりでコントロールが難しい・糸ふけがライントラブルのもとになるなど、デメリットもあります。

特に慣れないとコントロールしにくいので、周りの釣り人さんに迷惑を掛けないように、空いているときなどに使ってください。

上に上げようとしすぎて、竿を振りかぶりすぎたりもしますので、後方確認を忘れずに竿の破損にも注意してくださいね。

※正確には人差し指から糸を離すタイミングで調整できます。

あとは、シェイク巻き・トゥイッチなど。

他には、竿先を小刻みに震わせつつ巻くと、水面で暴れながら泳いだりします。これはストップを入れると喰わない時にオススメ。

ストップ&ゴーのゴーをトゥイッチに変えて、あまり水中に入れないようにしてアピールする方法もあります。

ティモンのホームページにも、ミッツドライシリーズの動画がありましたので、そちらを参考にするとわかりやすいと思います。

オススメカラーは、まずクリアー

Q.オススメカラーは?

A.初めてミッツドライ買うならまずクリアー!!

理由は、経験則です(笑)

安定度が一番あるかな~と思います。


JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン ミッツSR ドライ 28mm 1.2g クリアー


ジャッカル(JACKALL) デカミッツDRY 33mm クリアー 122151000250

 

デカミッツドライでは、タッキーネオンもオススメ。


JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン デカミッツDRY 33mm 2.1g タッキーネオン

 

資金に余裕がある方は、ペレット系やピンクなどの派手目系統も強いです!


JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン ミッツSR ドライ 28mm 1.2g タッキーブラウン


JACKALL(ジャッカル) クランクベイト ティモン ミッツSR ドライ 28mm 1.2g ミエピン

まとめ

というわけで、この時期のヒットパターンの一つに入るであろう、トップウォーターで大活躍間違いなしの「ミッツドライ」「デカミッツドライ」のご紹介でした!

意外と簡単に使えますし、そもそもキャストができれば誰にでも釣れるチャンスがあるルアーなので、初心者の方でも難なく使いこなせると思います。

いままで、ライズしている魚に手を焼いていた方も是非、このルアーの凄さを体感してみてください。

 

「今この時期だから!!」とか書きましたが、結局は魚が上を見ているかが重要です。真冬でも釣れたりしますので、オールシーズン、「あれ?魚が上向いているな」って時に使ってみると、良い思いが出来るかもしれません(笑)

 

-トラウト(管釣り)
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.