アジング ラインの選び方! - ノンストップ! Fishing!

アジング

アジング ラインの選び方!

更新日:

今回はアジングラインの選び方!!

意外と悩ましい、アジングライン選びですが、各素材の良し悪しを見極めて選んでいただきたいなと思います。

アジングは、釣りの中でも比較的感度の重要性が高いんです。アジと言う魚は、ルアーを吸い込み、一瞬で吐き出します。その食い方からから、アタリは「コッ」「クッ」のようなショートバイトが多発します。

これを感知してアワセを入れないと、アジの口からルアーが出てしまいます。そこでやはり高感度の竿と高感度のラインを合わせて使うことが重要になってきます!

スポンサーリンク

アジング向きライン素材の最強はエステル?

まずはライン素材の選び方。

アジングライン素材は大きく分けて、ナイロン・フロロ・PE・エステルの4つ。

この中で、アジングに主に用いられるのは、PE・エステルの2つ。なぜこの2つに絞られるかと言うと、圧倒的感度が強みのラインだから。

ナイロン・フロロはやはり「伸びすぎる」んですよ。そのせいで感度がどうしても、PE・エステルに比べ低下してしまいます。

 

 

では、PE・エステルどっち??という話になりますよね(笑)

中型アジの数釣りならば間違いなくエステル最強です。

理由はPEと比べて、エステルラインの方が水中に沈むことができるため風に強い!そして、水中に沈むので深いところまで軽いジグヘッドを沈めやすい!また、風に強いので糸のたるみが少なく、感度を損なわないんですね。しかも、水中に沈むのに、細いため軽いジグヘッドも遠くに飛ばせる!

ここまで書くと、エステルを買えばいいんだ!となりますが・・・

エステルラインにも致命的なデメリットが!!

  • 瞬間的な衝撃を与えるとびっくりするぐらい簡単に切れる
  • ライントラブルが起きやすい

この2つ。

1つ目の「切れやすい」ですが、細糸なので当たり前だろ!と思うかもしれませんが、そういうレベルじゃないんです。

エステルラインの端を持って「パッ」と一瞬で引っ張るといとも簡単に切れます(糸だけに・・・)

逆に「ジワ~」と力を掛けていく分にはそこそこの強度を持っています。もちろん、細糸なので表記以上の強度は出ないですけどね。

なので、「切れやすい」ことに対する対処は、ドラグを緩めの調整にしっかり設定する事です。

最初、ドラグをズルズルにして、魚が寄ってくるか来ないかレベルでOK。そこから、徐々にドラグを締めて魚に主導権を渡さないけど切れないギリギリを見つけてください。何度かラインブレイクしてしまうかもしれませんが、最初は仕方ありません。糸の扱いに注意を払って何度も練習していくのが一番の近道になります。

普通に使えるようになれば、これほど武器になるラインは無いと思いますよ!

 

2つ目の「ライントラブルが起きやすい」ですが、

①釣行するまでに24時間置く。

②こまめにラインの状態を気にする。

さえできれば大分軽減されるはずです。24時間置いてリールのスプールになじませて、こまめにラインチェックをして再起不能なライントラブルが起きる前に解決する。

これで問題解決です(笑)ちなみに、最近のエステルラインはライントラブルが起きにくいもの多く、当日巻いてそのまま釣りに行ってもトラブル知らずな商品も多々あります!こちらは後でご紹介しますね!

 

デメリットばかり目立ってしまっていますが、アジング業界ではもう定番ラインの一つ。

ということは、デメリットがあれど慣れていけば普通に使える上に強力な武器になるということです!

 

初心者・一発大物狙いならPEライン!

エステルラインを激推ししてきましたが、PEラインももちろん出番があります!

  • 釣り経験が浅くPEも使ったことがない方
  • 一発大物狙いや不意にかかった大物も確実に仕留めたい方
  • 重いジグヘッドやプラグを使いたい方

これに当てはまる方はPEがオススメ。

PEラインは、感度と風に対する弱さはどうしてもエステルラインに勝てませんが、圧倒的に強度があります。擦れにはあまり強くないですが、直線的な引っ張り合いっこ(綱引き的な)にはめっぽう強いです。

そのため、ギガアジ狙いや外道でかかってしまう大物(シーバスやカサゴ・メバル等)を確実に仕留めたい方には持って来いです!

他にも、メタルジグやプラグ、5gなど重いジグヘッドを使って釣りをする方は、エステルラインでは投げるときに切れる可能性もありますので、間違いなくPEライン。それだけ重いものを使うのであれば、風に対する弱さもルアーの重みで多少カバーされます。

 

また、PEラインを使ったことがない人がいきなりエステルを使いだすのはあまりオススメできません。なぜならエステルラインは切れるから(笑)

エステルをいきなり使い始めて、切れる・トラブってしまう・・・そんなことが多発してしまうとせっかくの楽しい釣りどころではないと思います。

PEもナイロンなんかと比べるとトラブルは出やすいですが、エステルと比べると大したことないと思います!なので、アジングがどういうものなのか、試してみるにはPEラインから入るのが私的にはオススメです!PEの扱いに慣れてきたら、エステルラインにステップアップしていくのがベストだと思います。

 

ナイロン・フロロだからアジが釣れないなんてことはありません。

ただ、一匹でも多く・渋い中の一匹を取るためにはラインの差は大きいんです!また、感度がいいということはそれだけ水中の情報を多く伝えてくれるので、水中の状況を把握することができて、釣りが楽しくなっていきますよ!

ちなみに、PEもエステルも、擦れに弱いのでリーダーが必要になります!

 

 

オススメエステルライン!

ここからはエステル・PE別にオススメラインをご紹介。

まずはエステル編。私が使ってきて感じたことも軽くコメントしておきますので、参考にしてみてください。

太さのことですが、基本は0.3号!豆アジメインで飛距離を伸ばしたいのであれば0.2号。ちょっとサイズのいい魚が入るのであれば0.4号くらい。

あまり太くしてしまうと、エステルラインの良さが生かされないので注意してくださいね(笑)

サンライン 鯵の糸

●サンライン ソルティメイト 鯵の糸 エステル 240m (1.0-1.75LB) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:1,542円
(2018/2/12 00:47時点)
感想(0件)

まず一つ目!ソルティメイト 鯵の糸 エステル 240m 0.25号。

鯵の糸と言うまんまのネーミング(笑)しかし!このラインすごいのがトラブルが起きにくいんです!ちゃんと感度も残っています!

うれしい240m巻きで、120mごとに使うことが来ます!

カラーはフラッシュイエロー。

こちらは、エステルの中でも比較的伸びる感じがします。ただ、この伸びがプラスに働くこともありますし、感度が悪いわけではないので注意。

ちょっと風に煽られやすいのと、劣化が始まると急激に強度が低下するのがたまに傷。0.2号だと顕著にでるので、おすすめは0.25号以上。

よつあみ アンバーコードSG

YGKよつあみ チェルム アンバーコードSG S-PETポリエステル 150m 0.3号【あす楽対応】

価格:1,050円
(2018/2/12 00:47時点)
感想(0件)

お次はチェルム アンバーコードSG S-PETポリエステル 150m。

こちらのライン、トラブル発生率の低さはもちろん、ご紹介のエステルの中で一番強いと思います!

管理釣り場のトラウトにも使う方が多く、性能は折り紙つき!エステルラインデビューにオススメ!

オススメの太さは0.2号。

カラーはクリア。直結でもいけるっちゃいけます(笑)

1つ注意点があります。ホントに少しだけ太いんです。

  • アジングマスター0.2号 0.074㎜
  • 鯵の糸0.2号 0.074㎜
  • アンバーコード0.2号 0.079㎜

と言った感じで、0.005㎜だけ線径が太めなんですね。これによって微妙に飛距離が伸びない気がします。

 

 34 ピンキー

34(サーティーフォー) ピンキー 200m 0.3号【あす楽対応】

価格:1,620円
(2018/2/12 00:48時点)
感想(0件)

こちらは、アジング大御所34(サーティーフォー)のピンキー 200m。

嬉しい200m巻き。しかも、ライン自体柔らか目のためトラブルになりにくい!

また、このピンク、意外と見やすくてオススメです!どうやら魚からは警戒されにくいみたい。

オススメの太さは0.25号。

モーリス アジングマスター

モーリス アジングマスター 200m 0.3号 クリアー

価格:1,556円
(2018/2/12 00:49時点)
感想(1件)

お次は、バリバス アジングマスター 200m。

パリッパリのザ・エステルラインみたいな使用感。

そのおかげか、操作性と感度はピカイチです!!強度もばっちり。

ただし、トラブル発生率がちょっと多い感じ。エステル初心者向けではないですかね。

カラーはクリアー。

ゴーセン ルミナシャイン

ルミナシャイン GL198Y03 200m 0.3号 イエロー

価格:1,150円
(2018/2/12 01:16時点)
感想(0件)

最後は、ルミナシャイン(LuminaShine) 200m。

こちらもうれしい200m巻き。トラブル発生率も低く、非常に使いやすい!

しかも、特殊な染料を使用して、糸表面から光を集光することで、視認性UPを図っているそうです!

実際なかなか見やすいラインです。ピンクもありますが、色はイエローの方がオススメですね。

オススメの太さは0.2号ですが(笑)

程よい伸び感と感度のバランスがよく、風にも比較的強い印象。エステルに慣れているのであれば、こちらがイチオシ!

 

オススメPEライン!

今度はPEライン編!PEラインで選ぶ際、重要ポイントは太さ!

風にあおられやすいという、デメリットをカバーするために出来るだけ細くするのがオススメ!0.2号以下を選ぶと間違いないです。

細くても強いPEラインの最大のメリットを活かして、最大のデメリットである風の弱さをカバー。そのうえ、細くすることによって飛距離もUPと言った作戦です(笑)

デュエル アーマードF Pro アジ・メバル

DUEL デュエル アーマード F Pro アジ・メバル 150m 0.1号 4LB ライトピンク

価格:2,689円
(2018/2/12 14:28時点)
感想(0件)

一発目、ARMORED(アーマード) F+ Pro アジ・メバル 150M

こちらは、PEデビューにイチオシ!使いやすさナンバーワンです!

PE×シリコン×フロロ加工で、トラブル発生率や飛距離、感度などの性能UP。

Proではないバージョンもあります!こちらは低価格バージョンで擦れに対する強度は多少弱いですが、使いやすさはそのまま!

一つ欠点をあげるなら、劣化が早く毛羽立ちやすい印象。Proではない方はPEにしては低価格ですので巻き替えスパンを速めればOK。それ以外は文句なしです!

デュエル アーマード F アジ・メバル 100M 0.2号 オレンジ

価格:1,185円
(2018/2/12 14:35時点)
感想(0件)

 

ダイワ 月下美人 月ノ響Ⅱ

ダイワ(Daiwa) 月下美人月ノ響2+Si 150m 0.2号 04634702【あす楽対応】

価格:3,175円
(2018/2/15 11:09時点)
感想(0件)

このライン、何よりコーティングのすべすべ感がすごいです!そのおかげか、飛距離も出ますし、トラブルが少ない!

そして、前のモデル月ノ響よりも、大幅値下げをしてお安くなっております!!かなりお買い得。

値段が値段だけあり、やはり性能は高いです!感度も抜群!

劣化も遅く、ちゃんと使えば、なかなか長く使えます!なので、頻繁な買い替えが少ない分安く済むかも??

予算に余裕があればイチオシPEライン!

ラパラ ラピノヴァ・エックス マルチゲーム

Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 100m 0.18号/6lb ピンク RLX100M018PK

価格:1,663円
(2018/2/15 11:33時点)
感想(0件)


お次は、ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 100m。

ラパラには、RAPizm-X(ラピズム エックス) ウルトラライトモデルといった、ウルトラライトゲーム用の細糸ラインナップもありますが、コスパの良さではラピノヴァ・エックス マルチゲームがオススメ。ウルトラライトモデルは毛羽立ち等、劣化が速い印象です。

マルチゲームですが、先ほどのアーマードFほど劣化は激しくなく、そこそこ長く使えるコスパ最強モデル。

線径は若干他メーカーさんより太いようなさわり心地を受けますが、そこまでシビアにならない人であれば全然問題ありません。

しかも、0.18号と言う細さまで出しているので細さも問題なし。色落ちは若干激しい印象ですが、そこは値段なり。それ以外に不満はありません。

ティクト ウルトラライトゲームPE ASH

TICT/ティクト ウルトラライトゲームPE ASH 200m 0.15号[ネコポス対応:10]

価格:4,590円
(2018/2/15 11:36時点)
感想(1件)

最後に、玄人向け!感度と飛距離にこだわる人に!ウルトラライトゲーム PE アッシュです。

アジング業界では超有名どころ、ティクトから出た、ライトゲーム専用PE。

どちらかと言うと、感度と飛距離を優先し、使いやすさへはあまり焦点を置いていない感じ。

値段も値段ですから、PEデビューにはオススメできませんが、尺アジ狙いのジグ単ゲームなどには0.15号は魅力的。

劣化は細いだけあって、早いかな?と言う印象です。

 

シーンやタックルに合わせたラインセレクトを!!

アジングは間違いなくエステルラインの使用で釣果が変わる釣りだと思います。それは、最近のアジングに強いメーカーや雑誌に載っている方々を見ても明らかかと思います。

ただそれは、1g以下のジグヘッドを仕様した豆~中型サイズくらいまでのアジング。

 

キャロを使ったり、ギガアジなどの大型アジを狙った釣りでは、間違いなくPEの使用がオススメ。PEを使うことにより、魚を掛けたあとの安心感が段違いです。「切れるかもしれない・ドラグを締められない」と言った状況がエステルと比べるとかなり減ります。

また、忘れてはいけない竿のパワー。固めの竿でドラグを全く出さずにPEやエステルを使ったりすると、下手したらアワセ切れします。豆アジなど小型のアジなどは弾いてしまい乗らないといった現象に悩まされることも。

そこで、ドラグを緩めに設定したり、少し伸びやすいエステルを使ったり、リーダーを長めにとったりと小さい工夫が必要になってきます。実際、34のロッドは結構固めですが、34のエステルラインであるピンキーはなかなか伸びるラインだと思います。

結局のトコロ、大切なのはタックルバランス。自分がどんな場所でどんなサイズを狙って、どんなロッドを使うかによってラインの選択も変わってきます。

そこを悩んで試していくのも、魚釣りの楽しさの一つだと思っています(笑)

 

 

初めての方は、とりあえずPEラインで糸の扱い方を覚えていくのがベストかと思います。

エステルを使うと、ラインブレイク・トラブルがどうしても発生しやすいのは事実。でも、ナイロンでもフロロでもPEだろうがなんだろうが、扱い方を知らなければトラブルは多かれ少なかれ起きてしまいます。

結局は慣れの問題なのです。ちょっとしたことに気を付けるだけで、トラブルは減っていくので、気を付けながら使っていけばOK。最初はトラブルは起きる物と思っていれば、多少は気が楽かもしれません(笑)

具体的には、

  • ちょっと良いリールを使う
  • 糸ふけを出しすぎないようにキャストする
  • 糸をたるんだ状態でリールに巻き取らない
  • こまめに糸の状況(傷がないか・リールに巻いてある部分に異変はない等)をチェックする

大まかにこんな感じ。チェックしてても、向かい風でどうしても糸がたるんでいたり、糸の劣化が激しかったりするとどうしてもトラブルは置きます(笑)

ただ、エステルは少しトラブル率が高すぎるので、PEがオススメと言うことです(笑)私も数年エステルを使っていますが、やるときはやります(笑)

自信がついて、PEのデメリットが気に成ったり、エステルの利点が気になる様であれば、エステルに変えていけばOK。

また、トラブルやラインブレイクなんか気にしない!!エステルが使いたい!!と言う方なら、エステルからデビューももちろんOK。

結局はいろいろ気にしすぎず、試すのが一番だと思います!!

 





-アジング
-, , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.