アジング 個人的オススメロッド! - ノンストップ! Fishing!

アジング

アジング 個人的オススメロッド!

更新日:

 

ども。さまおです!さすがにこの時期になると釣りものが減ってきますよね・・・。

そこで今回オススメさせていただくのは、アジング!

秋から冬まで。場所によってはオールシーズン楽しめる、寒い時期の貴重なターゲットの一つ!

タイミングと釣り方がハマれば、数釣りも大物狙いも楽しめる!!どこにでも生息しているお手軽でいて、すこーしテクニカルな楽しく美味しいターゲットです。

まず第一弾として、超個人的見解!オススメロッド編となります!!

今回は、大型のアジ狙いと言うよりは、豆アジや中型アジの数釣りメインに寄せた話になっていくと思います。

私自身、一発大物アジングよりも、港内の豆アジ~中型アジの数釣りが多く、その経験をもとにお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

 

アジングロッド(竿)の長さは?

まず、オススメロッド紹介の前に、アジングに使われるロッドの基本をご説明。どんな釣りにも基準となるロッドの長さがなんとな~く存在します。

アジングの場合は、6.4ft前後。飛距離と操作性、感度をいいバランスで持ち合わせた長さになります。

短い場合、操作性が増していくのでより細かく思いのままルアーを動かせる上に、竿の自重も軽くなり感度もUP!

長い場合、基本的に重いルアーが使いやすくなり、飛距離も当然伸び、他の人が届かない場所へ飛ばすことができます!

簡単に図にするとこんな感じ。

 

 

良くいく釣り場が、手前にテトラが入っていて長い竿じゃないと釣りにならない!沖でしか魚が喰って来ない!と言うのであれば、7ft以上のロッドがオススメ。

湾奥で、豆アジ(25cm以下)の数釣りがほとんど。かなり渋いときもあり、感度と操作性が欲しい!!と言うのであれば、6ft以下の竿がオススメになります。

一番最初、どんな釣りになるのかわからなければ、6.4ft位の竿を買えばある程度対応できます!

数釣りがメインなら操作性がよく、軽い6ft以下の竿!

大物狙いで重いルアーを使い、遠投して釣るなら7ft以上の竿!

行く場所が絞れず、とりあえず万能な一本であれば、6.4ft位の竿!

 

 

ソリッドティップとチューブラティップ

さて、竿の長さは決まりましたでしょうか?

次は、ティップ(穂先、竿先)の違いについて。基本的に「ソリッド」と「チューブラ」のティップが存在します。

 

『ソリッドティップ』

素材が中に詰まっているもの。比較的柔らかい穂先になり、食い込みがイイ。軽いルアーが使いやすい。

『チューブラティップ』

穂先が中空になっているもの。比較的硬めの穂先になり、操作性・感度が高く重いルアーが使いやすい。

簡単に言い分けるとこんな感じ。

 

適正はわかったと思いますが、次は選び方ですが、

大物狙い・遠投重視で、3g以上のルアーを多用するのであればチューブラ!

数釣り・近距離メインで、1g以下のルアーがメインになるのであればソリッド!

ちなみに、アジング用のロッドでは、ソリッドといってもペニャペニャな柔らかい竿は少なく、比較的感度がいいものが多いです。

チューブラもガチガチに硬いものもありますが、比較的柔らか目のものもあります。気になる竿があれば一度触ってみるのが良いです!

 

他にダイワさんで言うところのSMTなど、メタルトップ・チタントップと言った、金属素材のティップがあります。

金属素材のティップは、ソリッドの食い込みの良さとチューブラの感度の良さを合わしたようなものと思っていただければOKです。

これだけ言うと、金属素材一択な気もしますが、「価格が高い」「素材が重いので竿先が重くなってしまう」などデメリットも存在します。なので、最初の一本にはあまりお勧めはできません。

他の魚用のロッドで代用は・・・?

他の魚用のロッドでアジングすることは可能なのか?ですが、

不可能ではないけどオススメはしない!!

という答えになります。

メバルロッドやトラウトロッドなどは比較的似た様な長さだったりしますが、一部を除いて代用するのはお勧めしません。

何故かと言うと、メバルロッドは食い込みをよくするために。トラウトロッドはバラシを減らすために。と比較的柔らかくできています。これでは、アジングで重要になる感度・操作性・アワセ易さが損なわれてしまいます。

なので、本格的にアジングがやりたい!!と言う人にはお勧めできません。

オススメアジングロッド!

さて、長さ・ソリッドかチューブラか。大体決まってきたと思いますので、ここからはオススメロッドをご紹介していきます。

触ったことのある・使ったことのあるロッドがメインになってくるので、少し偏ってるかもしれませんが、竿選びの参考にしてみてください(笑)

とりあえずの一本に!1万円しないシリーズ。

まずは入門機種。とりあえずの一本になります。

この価格帯は、釣りが完全初めてや釣行回数が少なく、とりあえずの一本をお探しの方にお勧め。正直、本気でアジという魚を狙って釣るには少し力不足かなというところはなくはないです。

ただ、良くも悪くもアジング以外にもカマス・メバル・カサゴ・穴釣りやチョイ投げなど、応用が効きやすいですし、神経質に扱う必要がないです。

そのため、竿の扱いを学んだり・何かあった時のためのサブとして持っておくのもいいと思います。

『ダイワ アジングX』

ダイワ(Daiwa) アジング X 59UL-S 01480220

価格:6,980円
(2018/2/8 22:51時点)
感想(0件)

この価格ながら、アジングに合わせた竿の調子。月下美人シリーズを出している大手のダイワさんが出している、一万円以下のモデル。

軽量ジグヘッドを使った数釣りなら59UL-Sがオススメ!

『メジャークラフト クロステージ アジング』

メジャークラフト クロステージ アジング CRX-S642AJI

価格:8,899円
(2018/2/8 23:11時点)
感想(0件)

クロステージは、これで3代目。コストパフォーマンスの高いメジャークラフトなので、1万以下モデルなのに使い勝手は◎

また、ソリッドモデル4種。チューブラモデル2種の計6種出ているので、自分が欲しい長さ・硬さが選べるのもかなりいい!!

オススメの一本として、定番の長さとソリッドティップを持ち合わせたS642AJI!

『シマノ ソアレBB アジング』

シマノ(SHIMANO) ソアレBBアジング S610LS 36681

価格:10,179円
(2018/2/8 23:20時点)
感想(0件)

こちらも大手、シマノさんのソアレBBシリーズ!

楽天さんでは1万円越えになっていますが、ナチュラムで見ると1万円以下になりますので、今回は1万以下にラインナップ。

こちらもアジング用の竿調子。ダイワさんのアジングXと比べるとかなり軽量になっていて、コストパフォーマンス◎

オールラウンドに、ジグヘッド・キャロ・メタルジグやプラグを使うのであれば「ソアレBB アジング S610LS」

ジグヘッド単体での釣りがメインなら「ソアレBB アジング S604ULS」

1万円しない中ではこのシリーズがイチオシ!!

入門でも出来ればこのランク!1万円代!

1万円代に突入すると、かなり使いやすくなってきます。

軽さ・感度・竿の調子なども、アジング用として洗練されたものになっていきます。

出来れば・・・と言うかむしろ、入門者の方にもこの使いやすいランクから買ってほしいかな、と思います。

『アブガルシア ソルティーステージ』

【アブ ガルシア】ソルティーステージ KR-X アジング-C SXAS-5102LSS-KR

価格:19,353円
(2018/2/9 18:15時点)
感想(0件)

こちらはアブガルシアさんから出ているアジングモデル。機能面もかなり良く、さらにデザインまでGOOD!

ラインナップも多く、5ft代の2本が数釣りアジングにかなり寄せています!

そして、もう少し低価格帯としてソルティースタイル アジングというシリーズも出ています!

こちらはリールシートTVS 採用しており、低価格ながらデザイン性も高く、ソルティーステージよりも新しいモデルになります。

●アブガルシア ソルティースタイル アジング STAS-632MLS-KR

価格:12,348円
(2018/2/9 18:17時点)
感想(0件)

 

『シマノ ソアレSS アジング』

シマノ ソアレ SS アジング S608ULS

価格:18,900円
(2018/2/9 18:18時点)
感想(0件)

1万円以下でオススメした「シマノ ソアレBB」の1つ上のランクである、ソアレ SS アジング!

シマノさんだけあって、かなり出来がイイです!!

「乗せ掛け調子」と「掛け調子」があって、スタイルに合わせて選べます。

オススメとしては、

「掛け調子」の軽快な操作性と、アタリを感知したら即フッキングを決められる俊敏性を持ち合わせた「ソアレ SS アジング S604LS」

「乗せ掛け調子」の豆アジのバイトも拾いきれる乗りの良さも考え、ついばむようなショートバイトにも追従しながら的確にフッキングが可能な、「ソアレ SS アジング S608ULS」

の2本!豆アジメインなら乗せ掛け調子ですかね!

『テイルウォーク ソルティシェイプ ダッシュ アジ』

【テイルウォーク】ソルティシェイプ ダッシュ アジ 511/SL

価格:16,200円
(2018/2/9 21:19時点)
感想(0件)

ダイワ・シマノ・メジャークラフトなんかと比べると知名度が低いかもしれませんんが、コスパが高いロッドを出しまくっているのがテイルウォーク。アジングに関してもなかなか強いテスターがついていらっしゃいます。

こちらも値段以上の性能は間違いないです。ガイドはKRガイドを採用。ショートレングスが生み出す操作性と感度が特徴。

極小ジグヘッドを意のままに操ることのできる、511SLか63SLがオススメになります!

『メジャークラフト N-ONE』

メジャークラフト N-ONE(エヌワン) アジングカテゴリー NSL-S642AJI

価格:17,585円
(2018/2/9 18:21時点)
感想(0件)

コスパの高いメジャクラさんの製品。比較的新しいモデルでナノアロイと言われる技術を採用することにより、剛性と軽さを両立!

6機種出ており、軽量ジグヘッド単体からメタルジグを使った釣りまでをカバー。

ジグヘッド単品を使った数釣りには、

N-ONE(エヌワン) NSL-S562AJI

N-ONE(エヌワン) NSL-S642AJI

の2機種がオススメ。

『ダイワ 月下美人MX アジング』

●ダイワ 月下美人 MX アジング 64.5L-S・K (ソリッドティップ)

価格:19,833円
(2018/2/9 18:23時点)
感想(0件)

こちらは「アジングX」を出しているダイワのライトゲームブランド、月下美人!

ハイエンドモデルに匹敵する軽さの中にオリジナルの専用グリップ・チタンガイドなどを採用し、よりアジングを快適にしている。

数釣りオススメモデルとしては、メガトップを採用したこの2本。

月下美人 MX アジング 55L-S・K

月下美人 MX アジング 64.5L-S

また、高速フッキングモデルとして、

月下美人 MX アジング 64.5L/H

なんて尖がったモデルも出ています(笑)1.5g以上のジグヘッドを使った釣りにもオススメです!

 

ここまでくれば長く使える!2万円代!

2万円代突入(笑)

この価格までいけば、長く使っていけますし、情報量の差もけた違い。各メーカー本気で作りこんできたアジングロッドになってきます。

アジング専門!と言う話であれば、思い切ってこのクラスでも良いと思います。

そして、かなりシーンに合わせた専門機種のようになっていきます。豆アジの掛けに行く釣りならばコレ。オールラウンドに使うモデルはコレ。などと、メーカー側から明確に提案されているものになっているので、自分に合った一本を選んでください!

少し注意としては、このクラスになってくると穂先が細かったり、傷が使いやすい素材を使っていたり。丁寧に使わなければなりません。それだけ、アジング専用機として磨かれているということにもなります!

『ソアレCI4+ アジング』

【シマノ】2017 ソアレ CI4 アジング S610L-S 【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】【4969363379337】

価格:26,325円
(2018/2/9 22:06時点)
感想(0件)

ソアレSSのさらに上のモデル。

ラインナップは4機種だが、アジングのあらゆるシーンに合わせたセッティング。

掛けていくアジングのド定番となる「ソアレ CI4+ アジング S604LS」

ついにメーカーから4ftと言う短さで発売された「ソアレ CI4+ アジング S408ULS」

など、非常に細かく分かれています。個人的なオススメは上の2本!

4ftのS408ULSなんかは、なかなか尖がっていて、いい意味で面白いロッドだと思います(笑)

『ダイワ 月下美人 AIR AGS』

ダイワ 月下美人 AIR AGS アジング 55ULXS【大型商品:納期3~5営業日】

価格:28,728円
(2018/2/9 22:08時点)
感想(0件)

ついに来ましたAGS。AGSとは、ダイワ独自のカーボン素材を使ったガイドのこと。

このガイドを使うことによって、軽さ・感度がUP。軽いことによりティップの収まりもよくなり、飛距離もUPする優れもの。

そのAGSガイドを搭載したこのモデルは、もちろん高感度・軽量モデル!

ラインナップは、5機種。オススメは、5ft代のこの二本。

1g以下のジグヘッドを使った近距離戦スペシャル「月下美人 AIR AGS 55ULXS」

アジングにおいて欠かせないエステルラインと軽量ジグヘッドの使用を考え作られた「月下美人 AIR AGS AJING 510ULXS」

『テイルウォーク アジストTZ』

テイルウォーク(tail walk) アジスト TZ 55/SL

価格:25,920円
(2018/2/9 22:09時点)
感想(0件)

私のイチオシロッドです!!テイルウォークの中でアジングロッドの最高峰。それだけあって、かなり良いロッドです!

ヨーロッパタックルショーで銀賞を受賞したロッドだけあって、デザインはかなりカッコイイ!冬場にグリップ(握るところ)が冷たいのがちょっと難点ではありますが(笑)もちろん性能も高くコストパフォーマンス◎

アジングロッドにしては、ガチガチの硬さではなく比較的柔らかい。しかし、感度は良く硬すぎないため「フッ」と抜けるアタリや、竿先がもたれるようなアタリも手感度で拾っていけるロッド!

数釣りオススメ機種としては、

ロングソリッド搭載の2ピースモデル!短さからくる高感度と操作性の良さが見逃せない!1g以下のジグヘッド単体を使った激渋アジングがメインなら間違いなくこれ!「アジスト TZ 55/SL」

こちらもロングソリッド搭載の1ピースモデル。食わせの間をキープしてくれるロングソリッドで豆アジのアタリも逃さない!「アジスト TZ 58/SL」

こちらはノーマルソリッドモデル。ロングソリッドよりも感度を重視!「アジスト TZ 511/SL」

『ヤマガブランクス ブルーカレント』

YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) Blue Current(ブルーカレント) 53/TZ

価格:29,160円
(2018/2/9 22:19時点)
感想(0件)

こちらは対豆アジスペシャルBlue Current(ブルーカレント) 53/TZ。58、65と言う長さもありますが、おすすめは53。

決して柔から過ぎず、硬すぎず。豆アジをメインに考えながらも、不意の尺アジにも負けないバットパワーを持つロッドです!

『ティクト スラムEXR』

SRAM (スラム) EXR-611S-Sis

こちらはナチュラムでの価格でぎりぎり越えていなかったので、リストアップ。

ジグヘッド単体でも、操作性を犠牲にせず飛距離を重視したモデル。極細ティップを搭載しているため、潮の流れを捉えることも容易。もちろん食い込みも良いです。

ティクトのスラムEXRの上のモデル、UTRはアジング業界最高峰レベル。ティクトと言うメーカーは、アジング・メバリングに強く、とても上手いテスターさんがいらっしゃいます。 そんなメーカーの最高峰レベルUTRの弟分が悪いロッドなわけありませんね(笑)

おすすめは、下の3機種になります。

・軽量ジグヘッド単体の使用を措定した60S。

ティクト スラム EXR-60S-Sis (アジング メバリング ロッド)

価格:30,132円
(2018/2/9 23:29時点)
感想(0件)

 

・軽量ジグヘッド単体から3.5gなど少し重めのジグヘッドまで使える64S。

TICT(ティクト) SRAM (スラム) EXR-64S-Sis

価格:34,560円
(2018/2/9 23:30時点)
感想(0件)

 

・操作性を犠牲にせず飛距離を出すことを重視した611S。

SRAM (スラム) EXR-611S-Sis

番外編 3万円以上のエキスパートロッド!

番外編として、3万円以上のロッドをご紹介します。3万円以上になってくるともう入門者向きとは言えないので、軽くのご紹介になりますが(笑)

よりシチュエーション別に分かれていき、あらゆる状況にあわせて細かく竿の種類が分かれてきます。なので、一本でいろいろな状況をこなすのは出来ないけど、ある特定の状況で最高のパフォーマンスをしてくれるといったロッドが増えてきます。

ただし、やはり高額になればなるほど情報量の差は出てきます。各メーカーのテスターさんが使うのはやはり高額のこのクラスになっていきますので、より深く釣りこんでいきたい。ストレスなく釣りをしていきたい方にお勧めの価格帯になります。

「ティクト スラム UTR」シリーズ

アジング業界では知らない人はいないであろう、ティクト。スラムEXRシリーズの兄貴分となります。

オススメは55CQCと68 ジアンサーになります。

SRAM(スラム) UTR-68-TOR ジ・アンサー

 

「34 アドバンスメント」シリーズ

こちらも、アジング業界では超有名な34(サーティーフォー)。

アジングメインなメーカーさんから自信を持って販売されているロッドになります。

アドバンスメント DFR-511

 

「ジャッカル スキャットウォール」シリーズ

バス業界、いや釣り業界で知らない人は少ないでしょう。あのジャッカルからのアジングロッド!

ライトゲーム等、おかっぱりのソルトのイメージが薄いジャッカルが、ついに発売してきました!!

スキャッドウォール SWS-56JH-ST

 

「シマノ ソアレ エクスチューン アジング」シリーズ

シマノ ソアレシリーズで最高峰!エクスチューン!

ソアレの最高峰になりますので、間違いないに決まってますね(笑)

ソアレ エクスチュ-ン アジング S604LS

 

「ダイワ 月下美人EX AGS アジング」シリーズ

ダイワ 月下美人シリーズの最高峰!EX AGS!

AGSガイドにSMTとダイワの技術搭載しまくり!!

月下美人 EX AGS アジング 64LS-SMT・E

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

アジングに関していえば、全く個人的な意見ですが、道具の重要性がかなり高いです。腕の差や場所の差ももちろん出ますが、道具の差がかなり大きいと感じています。

2万円中盤~は比較的性能差はものすごい大きくないとは思いますが、1万円クラスと2万円クラスの差は凄いものです。アジングを本気で極めるのであれば、2万円中盤くらいまでは出してほしいかな?と思います。

しかしながら、最初にアジングがどんなものか試してみたいというのであれば、1万円以下でも全然楽しめます!!

これは面白い!もっと釣りたい!快適にしたい!と思ったらステップアップしていけばいいと思います。

ちなみに私は、5本位買い替えていきました(笑)いまは、アジストTZに落ち着きましたが・・・。

 

なかなか長くなってしまいましたが、皆さんにとってお気に入りの1本を見つけるお手伝いが出来たら幸いです。

 


-アジング
-, , , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.