スローシンキング?!アジングジグヘッド『フロードライブヘッド』 - ノンストップ! Fishing!

アジング

スローシンキング?!アジングジグヘッド『フロードライブヘッド』

投稿日:

前回、前々回とアジング用ジグヘッド特集になっていますが、今回もアジング用ジグヘッドのご紹介になります。

前回の「アジスタ」はこちら

オールマイティージグヘッド「ティクト アジスタ」

どもども。前回は、数釣りメインのアジングジグヘッド「アジメバアーミー」をご紹介しました。 ただし、掛かり最強のアジメバアーミーの欠点に「0.6gまでしかない」がありまして、今回0.8g以上を使う際のお ...

続きを見る

前々回の「アジメバアーミー」はこちら

数釣りアジングに使いたいオススメジグヘッド!「アジメバアーミー」

今回は小型~中型アジ狙いの数釣りのための、数釣りスペシャルなジグヘッドをご紹介します。 豆アジ~30㎝いかない位までのサイズを狙った数釣り、特に表層パターンや激渋パターン時には強い武器になるジグヘッド ...

続きを見る

今回のジグヘッドは少々特殊で、「風が強い」「飛距離が欲しい」けど「ゆっくり沈めたい」「早く沈むと喰って来ない」状況を少し助けてくれるジグヘッドです。

そのジグヘッドが「odz フロードライブヘッド」です。


オッズ odz フロードライブヘッド ZH-39-F 0.4g S(6号) FC

スポンサーリンク

フロードライブヘッドの特徴


Dohitomi(土肥富) フロードライブヘット゛ FC #6-0.8g ZH-39-F

私自身、アジメバアーミー・アジスタの登板率が高く、まだまだ使い込みが甘いジグヘッドなんですが、強風下でいい仕事をしてくれています。

使い込みが浅いながら感じた特徴になりますので、参考程度に留めてください。

線径0.51㎜ながらフッ素コートで激刺さり

フロードライブヘッドですが、線径0.51㎜でアジング用ジグヘッドとしては良くある太さ。

しかしながら、フッ素コートしているため抜群の刺さりの良さ。

ホントにスパスパ刺さるので、衣服や手など軽く触れただけで刺さることもしばしば(笑)ご注意ください。

針先もかなり細く加工されているのか線径の割に、ものすごい掛かりがいいものになっています。

特殊なヘッド形状でSS(スローシンキング)

ヘッド形状がちょっと特殊で、詳しくはわからないのですが、なかなかスローフォールになっています。つまりはスローシンキング(笑)

フォールスピード(沈下速度)が、「フロードライブヘッド 0.8g」で「アジメバアーミー 0.6g」「アジスタ 0.6g」と同じくらいのスピードか、ちょっと速いくらいのスピードです。

つまりは、フロードライブヘッド 0.8gで他のジグヘッドの0.6g位のスピードでゆっくり沈められるんです。

これによって、

  • 0.8gの飛距離で0.6gのフォールスピードで誘える。
  • 風対策で0.8gを使いながら、フォールスピードは0.6gで誘える。

なんてことが出来るんです。

※正確に測ったわけではないので、体感です。

 

しかも、誘いの際に抵抗を感じやすく、ジグヘッドの存在感を釣り人側が感じやすくも考えられているようです。これは「アジスタ」と一緒ですね。

個人的にはアジスタより抵抗を感じるものになっていると思います。

また、細長い感じのヘッド形状から、ダートも一応は可能です。

フロードライブヘッド 私的インプレ

ODZ(オッズ) フロードライブヘッド 6号/0.8g ZH-39-F【あす楽対応】

価格:339円
(2018/3/19 23:45時点)
感想(0件)

このヘッド、フックはフッ素コートで針先も鋭くなっているため、掛かりは抜群で文句のつけようがありません。

ただ、私のなかで1軍にならない理由として、「抵抗の強さ」があります。

抵抗は強く、釣り人側から存在を感じやすく、アジスタよりも強いと書きましたが、私からすれば「強すぎる」

これが理由です。

アジメバアーミーを使い込んだせいか、どうしても抵抗が強すぎて違和感を感じてしまうんです・・・。

 

ただ、「強風下でゆっくりフォール」「飛距離を出してゆっくりフォール」というパターンでアジメバアーミーやアジスタよりも確実にアジを仕留めてくれるので、どうしても手放せないヘッドなことにかわりはないです。

もちろん、ジグヘッドの存在感がしっかりしている方が良い人にとっては最高のヘッドになると思います。

初心者、入門者にもオススメできる、存在感と刺さりの良さです!

まとめ

というわけで、フロードライブジグヘッドでした。

作っているメーカーが「土肥富」という釣り針に関して古い歴史を持つメーカー。それだけあって、文句のつけようのないヘッドになっています。

「小アジ・アミパターン対応」と書いていますが、20㎝くらいまでなら問題ありませんし、アミパターンじゃなくても刺さりは抜群なので安心して使えます。

 

同メーカーから「レンジクロスヘッド」という商品も出ていますが、どうやらフッ素コートではないようですし、線径が気持ち太い&フックサイズもちょっと大きいのであまり使いません。

アベレージサイズが大き目ならレンジクロスヘッドでも良いかもしれませんが、私は豆アジ~20㎝アベレージを狙った数釣りが多いのでほとんどフロードライブヘッドになります。

 

各ジグヘッドの特徴を知って、使い分けることも釣果を伸ばす・他の人と差を付けるポイントになります。

フロードライブヘッドは、

  • フッ素加工&鋭い針先でフッキング率UP
  • 特殊形状のヘッドでスローフォールが可能
  • 圧倒的操作感の良さ

の3点が大きな特徴ですので、気になる方は使ってみてください。

-アジング
-, , , , , , ,

Copyright© ノンストップ! Fishing! , 2019 All Rights Reserved.